新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は6人

買う

西武渋谷店にOMOストア「チューズベース シブヤ」 そごう・西武が新業態

没入感のある空間に仕上げる「CHOOSEBASE SHIBUYA」のイメージ

没入感のある空間に仕上げる「CHOOSEBASE SHIBUYA」のイメージ

  • 6

  •  

 西武渋谷店(渋谷区宇田川町)パーキング館1階に9月(予定)、新業態となるOMO(オフラインとオンラインの融合)ストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」がオープンする。

 「メディア型OMOストア」と位置付ける同店は、D2C(製造者が直接消費者に商品を販売する)ブランドと協業し「新しい小売りビジネスの創出」を図り出店するもの。そごう・西武(千代田区)としては同ストアなどの取り組みを通じて、購買体験のデジタル化が進む中での新業態開発を進めたい考え。

[広告]

 紀伊國屋書店などが出店していたパーキング館1階をフルリニューアルし出店するストアの面積は約700平方メートル。約30社の洋品雑貨、衣料品、インテリア用品、化粧品などを扱い、一定期間で入れ替えるテーマに添った商品やブランドを編集していく。

 テーマは、ミレニアル世代やZ世代の「関心事」である社会課題を取り上げる予定。商品に込められた思いや意味をオンライン・オフラインの双方で発信することで、消費者とブランドをマッチングさせていくとい

 来店客には店内専用のウェブカタログを配布。ウェブカタログでは、自身のスマートフォンで商品の「お気に入り」登録、購入・決済などに対応することで、スタッフと非接触でも購買体験ができるようにする。店頭決済は完全キャッシュレスとなる。

 リアル店舗と同時にECサイトをオープン。店頭とECサイトの情報は、ショールーミング展示など一部を除き「タイムラグなしで」連携。店頭販売商品は全てECサイトでも購入可能で、オンラインで購入した商品を店頭での受け取りにも対応する。

 出品者は販売商品のシステム登録と店舗への商品納品のみで、店頭やECサイト上への陳列や販促、在庫管理、販売売上管理などはそごう・西武が代行するなど、実店舗出店に関わる業務負担の軽減を図ることで実店舗出店実績が少ないブランドも出品しやすい環境をつくる。ECサイトの訪問・購買データや、店頭でのAI(人工知能)カメラによる動画データや、ウェブカタログの行動ログデータを集積・解析したデータも提供する。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース