新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は1人

見る・遊ぶ

サンロッカーズ渋谷、左頬骨骨折のライアン・ケリー選手復帰へ 故障者リストから抹消

インジュアリーリストから抹消されたライアン・ケリー選手(中央)

インジュアリーリストから抹消されたライアン・ケリー選手(中央)

  • 9

  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷(以下、SR渋谷)は3月2日、左頬骨を骨折していたライアン・ケリー選手をインジュアリーリスト(故障者リスト)から抹消したと発表した。

[広告]

 ケリー選手は1991年米ニューヨーク州出身。文武両道の名門校デューク大学出身で、卒業後は米NBAロサンゼルス・レイカーズ(2013-2016)などでプレー。SR渋谷には2018-2019シーズンに入団し、今季で3シーズン目を迎えている。1月24日の滋賀レイクスターズ戦での接触プレーで左頬骨を骨折し、同27日の試合から欠場。同29日からインジュアリーリスト入りしていた。当初全治は未定となっていたが、1カ月強での復帰となった。

 SR渋谷最長の2メートル11センチながら3ポイントシュートなどアウトサイドでのプレーを得意とするオールラウンダーなケリー選手。今季のフィールドゴール(2ポイント(P)と3Pシュート)成功率は48.2%(3Pは33.5%)と高く、平均得点数は20.6点など攻撃の中心となっていた。

 ケリー選手の離脱は大きな打撃となったが、キャプテンでもあるベンドラメ礼生選手は「全員がステップアップするチャンス」と前向きな言葉を発していた。しかし、2月7日の試合でジェームズ・マイケル・マカドゥ選手が足首をひねり3試合欠場。所属する外国籍選手3人中2人の戦線離脱など不運が重なり、ケリー選手が欠場した10試合は3勝7敗と苦しい状況となっている。

 ケリー選手は今月3日の横浜ビー・コルセアーズ戦から出場が可能となる。今季のレギュラーシーズンは残り21試合で、SR渋谷は現在24勝15敗、東地区4位でチャンピオンシップ(CS)出場圏内(ワイルドカード下位)に付けているが、今後同地区チームとの対戦が増えるなか、ケリー選手の復帰はCS出場に向け大きなカギとなる。ファンからは「お帰りなさい」「待っていたよ」「あなたの力が必要」など喜びの声と共に「無理はしないで」と気遣うコメントも寄せられている。

 SR渋谷は同日、特別指定選手として入団していた東海大学・八村阿蓮選手の退団も発表。入団中は10試合に出場し、17得点14リバウンドなどの成績を残したほか、日本人ビッグマンとして外国籍選手とマッチアップするなどケリー選手の穴を埋める役割も担った。八村選手は「ホームでもアウェーでも多くの人たちが見に来てくれ、応援していただけて幸せだった」と振り返り、「この経験を生かして学生最後の大学バスケを頑張りたい」とコメントしている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース