新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

食べる

恵比寿に蒸し焼き「スチーム生食パン」店 持ち帰り専用で「安心・安全」さも

ブルーグレーを基調にする店舗外観

ブルーグレーを基調にする店舗外観

  • 15

  •  

 パンを焼成する工程で蒸し焼き(スチーム)を入れる「スチーム生食パン」専門店「STEAM BREAD EBISU(スチームブレッド エビス)」(渋谷区恵比寿西1、TEL 03-6455-3032)が2月10日、恵比寿西口・五叉路近くにオープンする。

看板メニューの「大人の#生スチパン」

[広告]

 リラクセーション事業などをアシスネット(神奈川県横浜市)が新事業として立ち上げた飲食事業の1号店。主力事業が新型コロナウイルス感染症などの社会情勢の影響を受けるなか、生活に「必要不可欠なもの」=「主食(パン)」を扱うことや、テークアウト専門にし「安心・安全を届ける」ことで事業の柱にできると考え、昨年5月ごろから同業態を開発進めてきた。

 新しいチャレンジであることから「トレンドの発信地」である恵比寿に出店し、30代など若い世代にもアプローチを図る。「恵比寿のランドマークになりたい」と、店名に地域名の「恵比寿」を入れた。店舗は寒色であるブルーグレーを基調にし、ステンレスを使うことで、あえて「無機質な」雰囲気に仕上げる。店頭にはフォトスポットにもなるポップな犬のイラストを掲出する。

 同店の食パンは、韓国で「話題になっている」蒸し器で焼くパンを提供するカフェ「ミルトースト」に着想を得て商品コンセプトを開発。低温長時間発酵や水分を生地に「多く含ませる」ほか、焼成の工程で蒸し焼きを入れることで「もっちりとした」食感などを出す。

 新型コロナウイルス感染症で影響を受けた生産者や食文化に「少しでも貢献」するため、オリジナルブレンドする小麦や生クリーム(北海道産)、練乳、クリームチーズ、純粋蜂蜜は国産を使い、乳化剤や香料、着色料、保存料は使わない。

 食パンは、スタンダードな「大人の生#スチパン」(800円)をはじめ、生地にグレープシードオイルを練り込み焼いた時に表面が「ザクっと食感」になるように仕上げた「焼いておいしいトースト#スチパン」(700円)、生地にクリームチーズ(ナチュラルチーズ)を練り込む「至極のクリームチーズ#スチパン」(1,800円)を用意。オムレツをパンに挟みカップで提供する「飲める!大満足チーズオムレツパン」(650円)、「大人の生#スチパン」のスライスを使う「恵比寿生ラスク」(200円)、生クリームの変わりに豆乳を使うカフェオレ(350円、価格は全て税別)なども扱う。客単価は1,300円を目指す。

 事前予約(現在は店頭決済)も受け付けるほか、今月中旬以降には商品の受取予約から決済までをスマートフォンでできるようにし、店舗への滞留時間を短くする。同時にオンラインストアも開設し、「大人の生#スチパン」「恵比寿生ラスク」などをセットにした「週に一度くらい頑張った自分にご褒美を。私だけの贅沢朝食セット」(2,150円)など、オンライン限定のセットを用意。店頭での人の密集を避けウェブ上での購買機会を提供する。

 営業時間は10時~20時(売り切れ次第終了)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース