食べる

広尾「EAT PLAY WORKS」にカジュアル中華「馬小房」 「華都飯店」3代目が監修

「馬小房」の店舗イメージ

「馬小房」の店舗イメージ

  • 35

  •  

 カジュアル中華「馬小房(マーシャオファン)」(TEL 070-2195-7543)が10月9日、広尾駅近くの複合施設「EAT PLAY WORKS」にオープンする。

2種類用意するマーボー豆腐

 六本木の老舗中華料理店「華都飯店(シャトーハンテン)」3代目の馬衣真(まいま)さんがプロデュースする同店。米ニューヨーク・チャイナタウンの裏路地にたたずむ「家常菜(ジャーチャンツァイ=家庭料理)」店をイメージし、カジュアルな中華料理を提供する。

[広告]

 メニューは、なじみのある料理に中国スパイスを使うなど「新しいけれど懐かしい」をテーマにする。華都飯店の代表メニューの一つ、マーボー豆腐は「黒マーボー豆腐」(1,500円)と「白マーボー豆腐」(1,600円)を用意。ゆでた鶏肉を辛いたれで食べる「よだれ鶏」(1,400円)、季節で変わる「春巻き」(2本、800円)などもそろえ、ナチュラルワインや「かめ出し」紹興酒と提供する。

 7月に開業した同施設は、「食べて」「遊んで」「仕事して」をコンセプトに、飲食店やコワーキングスペースを展開する施設。同店のほか、飲食テナントはブルーボトルコーヒー、福岡・博多の豚骨ラーメン「豚そば 月や 東京」、ブルックリンのメキシカンレストラン「OXOMOCO(オショモコ)」、ギョーザを提供するカラオケスナック「スナックすいか/白井餃子(ギョーザ)」など16店が軒を連ねている

 営業時間は15時~23時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞