買う

商業施設「フレンテ笹塚」が一部リニューアル 鮮魚・精肉など導入し「食の充実」図る

魚介類やすしを用意する「さかなや旬」のイメージ

魚介類やすしを用意する「さかなや旬」のイメージ

  • 50

  •  

 京王線笹塚駅の商業施設「フレンテ笹塚」(渋谷区笹塚1)の1階が10月30日、リニューアルオープンする。

[広告]

 京王電鉄が2015(平成27)年4月に開業した同施設。1階~3階で賃貸面積は約4400平方メートル。リニューアル後の店舗数は36店となる。

 今回、1階(約800平方メートル)を「自然体で 自分らしく 過ごせる場所」をコンセプトにリニューアルする。対象区画は新規7店舗を含む9店舗。鮮魚や青果・精肉の専門店など新たに展開し「食の充実」を図る。

 新たに出店するのは、魚介類やすしを用意する「さかなや旬」、青果専門店「九州屋」、その場でオーダーカットする精肉店「肉処 大久保」、焼き鳥やウナギのかば焼きなどを展開する「日本一」、デリカテッセン「ミートマスター」、揚げ物や弁当などをそろえるとんかつ専門店「とんかつ新宿さぼてん」、中華総菜専門店「横浜昇龍園」。

 リニューアルする総菜「咲菜」は改札側のエントランス近くに移転し、スーパーマーケット「成城石井」は売り場を拡充する。成城石井は10月9日~29日、工事のため一時休業する。

 営業時間は10時~21時(レストランは11時~23時、一部異なる)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース