食べる

渋谷のクラフトビール「渋生」完成 区内限定販売・提供へ

発起人でプロデューサーの五十嵐糸さん(左から2番目)、協同商事朝霧重治社長(同4番目)、一般財団法人渋谷区観光協会理事兼事務局長の小池ひろよさん(同5番目)ら

発起人でプロデューサーの五十嵐糸さん(左から2番目)、協同商事朝霧重治社長(同4番目)、一般財団法人渋谷区観光協会理事兼事務局長の小池ひろよさん(同5番目)ら

  • 114

  •  

 渋谷のクラフトビール「渋生(しぶなま)」が完成し、9月26日に発売する。

完成した「渋生」

 「クラフトビールが大好き」という渋谷区民でビアジャーナリストの五十嵐糸さんが発起人となり、昨年末ごろから開発を進めてきた同ビール。クラフトビールは地域の特産品を副原料に使った商品もあり、「その土地と関わりが深い飲み物であり、その土地らしいビールがある」(五十嵐さん)ことから、「地元の味をビールで造りたかった」という。

[広告]

 プロジェクトには、一般財団法人渋谷区観光協会、都内を中心に酒類を卸している老舗問屋コンタツ(中央区)、「コエドブルワリー」を展開する協同商事(埼玉県川越市)がメンバーとして参画。加えて、「みんなで造るビールにしたい」と7月には区内の飲食店や酒販店、町内会、区議会、区などの関係者を招き試飲会を行い、そこでのアンケートを基に味を最終調整し完成させた。

 渋谷らしいビールを造る上でコンセプトに掲げたのは「ダイバーシティ&インクルージョン」。協同商事からの提案で、日本酒酵母・ワイン酵母・ビール酵母の3種類を組み合わせることで「街の多様性」を表現した。麦芽も大麦(75%)と小麦(25%)を配合したほか、「かんきつの香りを持つ」2種類のホップで「全体のバランスを取った」という。

 瓶ビールには、渋谷区民であり渋谷に事務所を構えるアートディレクターの千原徹也さん(れもんらいふ)がデザインしたラベルを貼る。「わいわい楽しいグラフィックデザイン」を目指し、渋谷駅前スクランブル交差点やモヤイ像、街並みなど渋谷にまつわるイラストや、「渋生」「SHIBUYA」「渋谷でビール」「集まる渋谷」などの言葉をさまざまな書体で描いた。観光協会公認商品として公認マークもあしらっている。

 「街に来てほしい」と区内限定で販売・提供となる。現在は、小池酒店(渋谷3)、平野屋酒店(神泉町)、セルリアンタワー東急ホテル(桜丘町)、居酒屋「トロハチ」(宇田川町)、クラフトビール専門店「FAM333」(千駄ヶ谷3)、ビアダイニング「ザ グリフォン」(渋谷2)などでの販売・提供が決まっている。10月には飲食店約100店以上、1年かけて区内に約3500店あるという飲食店の10店に1店(約350店)での導入を目指す。販売価格は、瓶ビール(333ミリリットル)が税抜き390円で、ドラフトはオープン価格での提供となる。販売目標は月6キロリッター。

 五十嵐さんは「泣いちゃいそう」と完成を喜び、「皆で議論を重ねてきたので、商品になった瞬間、皆の思いが結集された感動がある。年代や性別、ビールに詳しい詳しくない関係なく飲めるけど個性があることを大事にしたかった。そこがしっかりかなえられたので、完成度は1000%」と満足げな表情を浮かべた。「つらい状況がつづく飲食店などに少しでも貢献できたら。うまくいったら季節限定などにもチャレンジしたい」と意欲を見せ、「新しいビールの味を発見していただけると思う。ちょっとユニークなビールを飲みに渋谷に来ていただけたら」と呼び掛ける。

 観光協会の理事兼事務局長の小池ひろよさんは「皆が楽しみながら取り組めたことがうれしかった」と振り返りつつ、「渋谷から生まれた『渋生』で、たくさんの人がつながり街の活性化につながることを期待している」と話した。「高校生くらいから渋谷に遊びに来ていた」という協同商事の朝霧重治社長は「(渋谷に)仕事として関われるとは考えもしなかった。純粋にうれしいし楽しい」とも。

 渋谷フクラス(渋谷区道玄坂1)内の東急プラザ渋谷では、一般発売に先駆けて25日(17時~)から先行販売する。6階パブリックスペース「GRAND SESSION」で瓶ビールを販売するほか、施設内の飲食店ではビールに合わせたつまみをテークアウト販売し、GRAND SESSIONのイートインスペースで飲食できるようにする。併せて、25日・10月3日(20時~、入場無料)には、千原さんと渋谷区観光大使であるミュージシャンの小宮山雄飛さんをゲストDJに迎えるパーティーイベントも開く。同所での販売・提供は10月7日までとなるが、施設内の観光案内施設「shibuya-san」、ライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO」、カフェ「Pepper PARLOR」では以降も継続して販売する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞