食べる

クラフトビール「SHIBUYA FIRST CROSSING」、ネットで販売へ

かつて存在した「渋谷一号踏切」などをラベルにデザインする「SHIBUYA FIRST CROSSING」

かつて存在した「渋谷一号踏切」などをラベルにデザインする「SHIBUYA FIRST CROSSING」

  • 43

  •  

 代官山駅近くのクラフトビールブルワリー併設ダイニング「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京、以下SVB東京)」(渋谷区代官山町)の限定ビール「SHIBUYA FIRST CROSSING」が4月23日、数量限定発売される。

 東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転開始に伴い使われなくなった地上の線路跡を活用した商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」に2015年(平成27)年4月17日、オープンした同店。キリンビール(中野区)クラフトビールブランドの製造拠点で情報発信拠点でもある。

[広告]

 「SHIBUYA FIRST CROSSING」は、開業記念として造った最初の同店限定ビール「FIRST CROSSING」を開業5周年に併せて名称変更したもの。ラベルには、商品名の由来でもある、同所にかつて存在した「渋谷一号踏切」やモヤイ像、犬などをデザインする。

 ニュージーランドのホップ「ネルソンソーヴィン」を使ったビールで、「かんきつのような」香りや「爽やかな」飲み心地が特徴という。価格は330ミリリットル瓶6本セット=3,168円ほか。キリンのオンラインショップ「DRINX」で販売する。

 店は現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業している。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞