3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

原宿駅前に「イケア」初の都心型店 カフェや国内初の「コンビニ」売り場も

ガラス張りの「イケア原宿」外観

ガラス張りの「イケア原宿」外観

  •  
  •  

 スウェーデン発家具チェーン「IKEA(イケア)」初の都市型店(渋谷区神宮前1)が6月8日、原宿駅前の新複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」内にオープンする。経営はイケア・ジャパン(千葉県船橋市)。

国内初展開となる「スウェーデンコンビニ」

 イケアは郊外の店舗が中心だが、立ち寄りやすい駅前という「便利なロケーション」に出店することで、「生活費が高く、狭い家」など都市型の暮らしをする人たちに向け、商品のデザイン性や機能性などをアピールする。原宿はファッションや「流行の最先端」であり、若者をはじめ国内外から多様な人たちが集う街と判断し同エリアに出店した。

[広告]

 フロア構成は1階・2階で、広さは約2500平方メートル。同店では都心型の暮らしに特化した商品約1万1000点を扱う。うち家具は約1000点で、約500点は当日持ち帰りができ、約9500点は後日配送で購入できる。店内は「都市部の暮らしのニーズ」を反映し、「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」をテーマに売り場を構成。関連商品を集積することで、「便利で買い物しやすい」空間を目指した。ルームセットは、「1人暮らし向け」「低価格時で実現する」「都会に住む30代のカップル」などをイメージしつくった。

 1階の「眠る」エリアでは、シングルベッドや形状記憶フォームと冷感ジェルの2層構造のエルゴノミクス枕「クルッブスポッレ」(3,499円)など機能性のある商品も扱う。複数のサイズを用意する収納ケース「スクッブ」シリーズ(999円~)、キャスターが付きコンパクトなサイズ感のスチール製ワゴン「ロースフルト」(3,799円)などをそろえる「整える」エリアでは、狭い住空間でスペースを活用するアイデアも提案する。

 同階にはコーヒースタンドを併設する国内初の売り場「スウェーデンコンビニ」を展開。フリーザーバッグ(50枚299円)やシナモンロール(100円)、植物由来100%のカップラーメン(塩味190円、カレー味250円)などに加え、イケアの青いバッグのミニサイズ「クノーリグバッグ」の黄色版(99円)や植物由来のソフトアイスを使うサンデー(350円)、持続可能な農家のための国際認証「UTZ認証」コーヒーを使うラテ(R=320円、L=430円)などを同店限定で販売する。

 2階の「くつろぐ」エリアでは、ソファや照明、人工観葉植物などの草花、テキスタイルなどをラインアップ。「料理する」エリアでは調理器具やカトラリー類などをそろえ、「フードロスを減らし家計を節約する」アイデアも紹介する。メンバーシップクラブ「IKEA Family」対象の有料・予約制サービスとなる「インテリアアドバイス」エリアでは、専任アドバイザーがニーズに合わせて商品やコーディネートを提案するサービスを行う。

 同階では「スウェーデンカフェ」も展開。席数は152席(当面の間は40席)。ジンジャーエール(150円)や野菜ジュ―ス(200円)などオーガニックのドリンクやストックホルムのブルワリーが手掛けるアルコール度数0.3%の低アルコールクラフトビール(290円~)などに加え、スウェーデン伝統の「フラットブレッド」にさまざまな具材を載せる「ツンブロード」(150円~)を同店限定で提供する。小麦やライ麦など植物由来の素材で作るフラットブレッドに、サーモンやソーセージ、マッシュポテトなどさまざまな具材の16種類をラインアップする。カフェメニューは全てテークアウトに対応する。

 サステナブルな取り組みとして、店内1階にマイボトルに無料で給水できるスポットを用意するほか、2階のカフェ内にはクリスマスの時期に販売した本物のもみの木を再利用したチップをグランドカバーとして鉢植えに使っている。神奈川県のイケア港北とイケア原宿間の商品納品業務などにEVトラックを活用する。

 営業時間は10時~21時(当面の間は11時~20時)。店頭のチケットシステムで入場整理券を発行し混雑緩和を図るなど、新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止策を講じる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞