3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

広尾に複合施設「EAT PLAY WORKS」 飲食17店、コワーキングスペースなど

施設外観イメージ

施設外観イメージ

  •  
  •  

 広尾駅近くに7月20日、複合施設「EAT PLAY WORKS」(渋谷区広尾5)がオープンする。事業主は野村不動産(新宿区)。

日本初上陸のメキシカンやベジタリアン料理店などが出店する1階

 「食べて」「遊んで」「仕事して」をコンセプトに、食・ウェルネス・ワークカルチャーに関するテナントやサービスを1階~6階にわたり展開。ビジネスパーソンをターゲットに、新しいヒト・モノ・コトとの出会いやつながりを提供するプラットホームを目指す。

[広告]

 飲食事業などを手掛けるソルト・コンソーシアム(港区)の新会社Salt Factoryが、全体のプロデュースやメンバーズラウンジ・オフィスフロアの経営・運営を手掛ける。

 1階・2階は17店舗が出店するレストランフロア「THE RESTAURANT」(626.76平方メートル、298席)。1階=ティ―マイスター伊藤孝志さんがプロデュースするティーラウンジ「茶季」、「とんかつ ひなた」の初代料理長・日向準一さんが手掛ける新業態「広尾とんかつ ひとみ」、グリル料理を提供する「THE BURN」(港区北青山1)料理長の米澤文雄さんが提案するベジタリアン料理専門店「Salam(サラーム)」、銀座のすし店「はっこく」の新店舗「寿志團(すしだん)」などが出店。ブルックリン発メキシカンレストラン「OXOMOCO(オショモコ)」が初出店するほか、6月11日にはオークランド発のコーヒー店「ブルーボトルコーヒー」が先行オープンする。

 2階には、仙台の「牛タン料理 閣」、恵比寿などに店を構える焼き鳥「佐田十郎」の新業態「焼鳥 佐田十郎 囲ム」、ミシュランで2つ星を獲得している西麻布のフレンチ「レフェルヴェソンス」の新業態「Bistro Nemot(ビストロ ネモ)」、モダンベトナミーズ「An Di」(神宮前3)の新業態「An Com(アンコム)」、沖縄料理を提供する「沖縄ストックストア」、スペインのレストラン「サンパウ」出身シェフが監修するバル「Gracia(グラシア)」、イタリアン「メログラーノ」(広尾5)のシェフ後藤祐司さんが手掛けるパスタ店「Taratata(タラタタ)」、ギョーザを提供するカラオケスナック「スナックすいか」が軒を連ねる。

 3階・4階はメンバーズラウンジ・コワーキングスペース(393.24平方メートル、136席)、5階・6階は1人から賃貸可能なオフィス(253.84平方メートル、65席)を展開。3階~6階利用者は、レストランフロアの店舗からフードやドリンクがデリバリーできるサービスも用意する。利用料は、3階~4階が利用できるラウンジメンバー=6万5,000円(共益費5,000円)、3階・4階と5階・6階(3~8人用個室のいずれか)が利用できるルームメンバー=27万円~(同3万円~、初期費用1カ月、保証金2カ月)。

 4階のテラスではイベントなども行っていくほか、メンバー以外も参加できる「Wellness Program」ではメディテーションやマインドフルネスの指導者ニーマル・ラージ・ギャワリさんによるプログラムや、サウンドセラピストHIKO KONAMIさんによるサウンドバスプログラムなどを展開する。

 1・2階は8時オープン、閉店時間は店舗により異なる。3階・4階は24時間。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞