3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

渋谷区、小中学校6月1日から分散登校 児童・生徒同時参加オンライン授業も

渋谷区役所外観

渋谷区役所外観

  •  
  •  

 渋谷区は、区立小中学校と幼稚園・保育園の臨時休業措置を解除し、6月1日から分散登校などを行う。

 小中学校は当面の間、各校によって週に1日~3日を目安にクラスを半数に分けるなどし、分散登校で対応。最終学年の小学6年生と中学3年生、学校生活を始められなかった小学1年生の授業日数を多く取るほか、給食も全校で6月中には提供を始める予定。放課後クラブは1~3年生を原則に、可能な限り利用時間を控えるよう伝えた上で登校日の児童の受け入れを始め、土曜も預かりに応じる。

[広告]

 一定期間の分散登校の後に通常通りの授業開始予定日を明示する自治体もある中、渋谷区では当面の間を分散登校とし、新型コロナウイルスの感染状況を見て通常の授業開始を決めるという。区は2017(平成29)年から区立小中学校の全児童・生徒と教職員にタブレット端末各1台を配布していることから、臨時休校中も学習内容に沿った課題などをオンラインで配信。児童・生徒との双方向のやりとりもオンラインを通じて続けてきたが、全児童・生徒タブレットの環境が整っている利点を生かし、6月中にもクラスの全児童・生徒が同時に参加できるオンライン授業を開始できるよう準備を進めている。

 幼稚園は、学年ごとに登園する曜日を割り振り、分散登園とする予定。保育園と幼保一元化施設も同日、休園を解除。家庭での保育が可能な世帯は6月末まで登園自粛を呼び掛けるほか、閉園後の園内の消毒などを徹底するため、延長保育はおおむね2~3週間程度、休止するという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞