3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

青山ファーマーズマーケット、共同購入のオンラインストア 表参道などで受け取り

国連大学前で毎週末開催されていた「青山ファーマーズマーケット」(現在は休止中)

国連大学前で毎週末開催されていた「青山ファーマーズマーケット」(現在は休止中)

  •  
  •  

 国連大学(渋谷区神宮前5)前で毎週末開催されていた「青山ファーマーズマーケット」を主催するNPO法人「ファーマーズマーケット」(目黒区)は5月12日、食材の共同購入と受け取りができるオンラインショップを立ち上げた。

 2009(平成21)年に始まり、毎週末80店以上が出店していた同マーケット。昨年11月には表参道のコミュニティースペース「COMMUNE」(港区南青山3)内に出店者の商品を常時扱うエリアも開設した。新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、3月28日以降マーケットは休止している。

[広告]

 立ち上げたオンラインショップでは、毎週木曜(10時)までに注文すると、その週の土曜に商品を受け取れる。産地から都内への送料負担を軽減するため共同購入の仕組みを採用した。受け取り拠点は「COMMUNE表参道」と、ポテトフライと自家製ジンジャーエールの「ブルックリンリボンフライ駒沢店」(目黒区)で、「青山ファーマーズマーケット」再開後は、同マーケットでも対応予定。受け取りの際にはマイバッグの持参を呼び掛ける。

 オンラインで取り扱うのは、30年以上農薬や化学肥料を使わず作物を育てる「自然農園TOM」(千葉)の野菜5~6種類のサラダセット(500円)、年間約120種類のハーブと野菜を生産する「シモタファーム」(茨城)の根菜セット(600円)、ルバーブ専門農家「島田農園」(福島)の茎が赤いルバーブ(2,200円)、平飼いの養鶏場「セオリファーム」(宮城)の卵(10個1,380円)など。

 併せて、オンラインワークショップなどの企画も始める。第1弾として今月30日、マーケットにも出店している富山「宮本みそ店」と、オンラインファームツアーなどを展開している「おこもりツーリズム!」がコラボレーションし、Zoom(予定)で参加者と一緒にみそ作りを行う。参加料はみそキット込みで4,500円~。参加申し込みは今月25日(23時59分)まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞