見る・遊ぶ

渋谷拠点の3人制プロバスケチーム「東京ダイム」、Bリーガー・杉浦佑成選手と契約

TOKYO DIMEに入団した杉浦佑成選手

TOKYO DIMEに入団した杉浦佑成選手

  • 12

  •  

 渋谷を拠点とする3人制バスケットボール「3x3(スリー・エックス・スリー)」のプロチーム「TOKYO DIME(東京ダイム)」が5月29日、杉浦佑成選手と契約基本合意したことを発表した。

Bリーグでは約4年「サンロッカーズ渋谷」でプレーしていた

 「渋谷から世界へ!」をスローガンに掲げる東京ダイムは、2014(平成26)年に5人制バスケのプロリーグ「Bリーグ」の現役選手でもある岡田優介さん、お笑いコンビ「麒麟(きりん)」の田村裕さん、お笑い芸人・大西ライオン(大西功二)さんが設立したチーム。国内屈指の選手が所属し、国内外の大会に積極的に出場するなど国内の3x3をけん引するチームの一つ。

[広告]

 杉浦選手は1995(平成7)年、東京出身。身長196センチ、体重95キロ。2ポイント(=5人制の3ポイント)シュートが武器の一つ。本格的にバスケを始めたのは中学生からだが、恵まれた体格を生かし頭角を現し、福岡大学付属大濠高校、筑波大学と強豪校に進学。アンダー世代の日本代表に選ばれるなどしている。大学卒業後はBリーグに進み、特別指定選手の時期を含め約4シーズン、渋谷を拠点にする「サンロッカーズ渋谷」でプレーしていた。3x3には昨年から参戦し、日本代表としてアジアカップに出場するなどしている。

 杉浦選手は「先輩たちからいろいろなことを学び、3x3.EXE PREMIER優勝と(東京)オリンピック出場を目指して頑張っていく」と意欲を見せる。

 東京ダイムは今季、国内の個人ランキング1位の落合知也選手、生粋の3x3プレーヤーである鈴木慶太選手、昨シーズンワールドカップにも出場するなどした小松昌弘選手、身長205センチの岩下達郎選手、現役Bリーガーでもある原修太選手が契約を継続し、岡田さんは2年ぶりに選手として復帰する。今季は杉浦選手を加えた7選手で戦う。

 東京ダイムも参戦する国内トップリーグ「3x3.EXE PREMIER」は5月に開幕を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっており、時期は未定となっている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞