食べる

カレー専門店「チリチリ」、移転に向け渋谷・東での営業終える

経営する田﨑克成さん・美幸さん夫婦

経営する田﨑克成さん・美幸さん夫婦

  • 1070

  •  

 渋谷・東のカレー専門店「カレーハウス チリチリ」(渋谷区東1)が1月30日、移転のため渋谷での営業をいったん終了した。

ひときわ目を引く「チリチリ」の真っ赤なファサード

 店は明治通り、渋谷東交番前交差点そばの路面店で、席数は11席。11時30分~14時30分(ラストオーダー)のランチのみ営業。1人前に自家製スパイスオイルで炒めた玉ネギ1個を使うほか、油は控えめで化学調味料を使わないヘルシーなカレーで多くのファンがいた。最終営業日となった30日はオープン前から50人ほどの行列ができ、30分繰り上げて11時に開店した。

[広告]

 田﨑克成さん・美幸さん夫婦が経営する同店。飲食店を「転々」とした後、香辛料メーカで営業開発を担当していた克成さんが1998年、戸田公園で開業した。「飲食店は無理と思ってサラリーマンになったが、サラリーマンをやっていると飲食店をしたくなる。ただ、時間がたってレストランをやるには時間が足りなくなったので、一本の味に集中しておいしいものを作れば…と思いカレーに的を絞った」と言う。店名は「唐辛子を意味するチリから取り、親しみをもって覚えてもらえるようにチリチリにした」。

 開業後、「戸田にしては、おいしいね」と言われるようになったが、これに満足できない克成さんは「東京でもおいしいと言われる店」を目指し都心への移転を決意。2003年3月、渋谷へ店を移した。オープン当初は全く客が来なかったが、1年目から徐々に客が来始め、「その後、ちょっとずつ増えてきた」という。当初は音楽関係者やサラリーマンなど男性客がメインだったが、10年ほど前から女性客も徐々に増え始めた。最近では常連客が8割ほどに上っていたという。

 当初は11時30分から22時までの通し営業だったが、21時、20時…と売り切れる時間が徐々に早まり、ついには17時に。それでも売り切れる日があったため、7~8年前からランチ営業のみにした。「もうちょっとゆとりを持ちたかったが、ゆとりを持つと急ぎで来ている人が入れなくなる。急いでおいしいものを食べたい人の店に特化していった」

 渋谷の街で足かけ17年。「目標まで全部やりきった」と言う克成さんだが、体力的にきつくなったため、田﨑さん夫婦の自宅がある戸田公園への移転を決めた。場所はJR埼京線戸田公園駅西口駅前で、オープンは3月上旬を予定。席数は2倍ほどになり、ディナータイムや週末の営業も予定している。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞