3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

渋谷駅前でカウントダウン 10万人超が新年祝う、警備強化も

10万8500人が新年を祝った渋谷駅前スクランブル交差点

10万8500人が新年を祝った渋谷駅前スクランブル交差点

  • 452

  •  

 大みそかの渋谷駅前交差点で大規模な交通規制が行われ、大型ビジョンと連動して新年を迎えるカウントダウンイベントが行われた。

「2020」のパネルを掲げる来街者も

 例年、イベントが無くても年末年始に多くの来街者が集まっていた渋谷駅前。それを逆手に取り、2016(平成28)年に区や渋谷区商店会連合会、渋谷駅前エリアマネジメント協議会が実行委員会を結成し、駅前周辺エリアを交通規制して「YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN」と題したイベントを行っている。

[広告]

 この日は21時ごろから警察官らがスクランブル交差点の斜め横断を規制するとともに車両の通行規制を開始。22時30分過ぎにはスクランブル交差点や道玄坂などの車道も歩行者に開放するとともに、駅前広場に面したJR渋谷駅の改札口や駅周辺の地下出入り口も封鎖した。警察に加え、昨年のハロウィーンで話題となった警備会社BONDSグループ(品川区)も警備に当たった。

 22時45分にはSHIBUYA109(以下109、渋谷区道玄坂2)前ステージが太鼓の演奏でスタートし、開会式では野宮真貴さんが「東京は夜の七時」などを披露した。渋谷区商店会連合会の大西賢治会長は「令和初めてのカウントダウン。事故のないように、楽しんで新しい年を迎えられるように」とあいさつ。長谷部健渋谷区長は、ハロウィーンに続き路上での飲酒を禁止したことに触れつつ「モラルとマナーを重要視している。ご協力下さい」と呼び掛けた。小池百合子東京都知事からは「年が明けると、いよいよ東京2020大会の本番の年。準備はもう総仕上げの段階。皆さんのパワーをお借りして大会を大成功させたい。希望あふれる未来に向けて新しい東京を一緒に作っていきましょう」とビデオメッセージが届いた。

 今年は渋谷スクランブル交差点のグリコビジョン前にもステージを設置。ユーチューバーのヒカキンさんや「水溜りボンド」、「東海オンエア」、元競泳の北島康介さん、元卓球の福原愛さんらが登場しトークを展開したほか、女優の綾瀬はるかさんから「もうすぐでカウントダウンです」とビデオメッセージが届いた。

 23時59分、スクランブル交差点付近の街頭ビジョン5基などで60秒前のカウントダウンが表示されると来街者からは歓声が上がった。10秒前からは来街者も声をそろえて数え、「Happy New Year」の文字が映し出されると、歓声や拍手などが沸き起こった。今年は約10万8,500人(主催者発表)が来街したといい、昨年の約12万人より減った結果となった。

 スクランブル交差点周辺には、特別協賛する日本コカ・コーラ(渋谷4)がエコステーションを6カ所設置したほか、忠犬ハチ公像をプリントしたオリジナルのゴミ袋も用意した。イベント終了後には、同社やコカ・コーラボトラーズジャパンの有志社員や認定NPO法人グリーンバードが募ったボランティア、区の職員などでゴミ拾いを行った。

 イベント後、「大きな事故も無く、ホッとしているのが正直。安心・安全感は増してきているのでは。」と安堵(あんど)の表情を浮かべた長谷部区長。ステージの配置を変えるなどして滞留者の分散化を図った今年は、「去年よりは将棋倒しになりそうな瞬間は少なかった」と振り返りつつ、「良いことではあるがあふれるように人が来る。前から言っているが有料化を突き詰めていかないと」と課題も挙げた。

 新年に向け「オリンピック・パラリンピック、明治神宮(鎮座)100年もありイベントが目白押し。楽しみつつ、その先を見据えたまちづくりをしていかないといけない年。そういった意味ではスタートの年となるので、皆で区を盛り上げていきたい」と意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞