見る・遊ぶ

サンロッカーズ渋谷、開幕3連勝 古巣相手に関野・野口選手のホットラインも

ゴール下を中心に強さを見せチーム最多となる21点を挙げたチャールズ・ジャクソン選手(奥)

ゴール下を中心に強さを見せチーム最多となる21点を挙げたチャールズ・ジャクソン選手(奥)

  •  
  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷(以下、SR渋谷)が10月16日、レバンガ北海道(同、北海道)に83-76で勝利し、開幕3連勝となった。

身長・体重ともに差のある外国籍選手とマッチアップした関野剛平選手

 SR渋谷にとって今季初の平日の試合となったこの日は、会場の墨田区総合体育館には仕事帰りとみられるスーツ姿の人なども含め2111人が集まった。SR渋谷は前節が台風19号に伴い延期となったが、試合前にはSR渋谷の選手だけでなく北海道の選手も交えて復興支援への募金を呼び掛けた。

[広告]

 北海道は野口大介選手と関野剛平選手の古巣で、野口選手は練習時から「絶対に勝ちたい」とチームメートに伝えていたほか、関野選手も「ぶっ倒す」と公言していたという。スターティングメンバーとしてコートに立った関野選手はティップオフ直後から北海道のパスに手を出したりスチール(攻撃中の相手からボールを奪うプレー)をしたり持ち前のディフェンス(DF)力を見せた。この日は身長15センチ、体重28キロ差のあるマーキース・カミングス選手とマッチアップ。常にコンタクトすることで「いいポジションを取らせないこと」を意識したという。第1クオーター(Q)には、関野選手のドライブ(ドリブルでリングに向かうプレー)からのキックアウト(外角へのパス)で野口選手が3ポイント(P)シュートを決めるホットラインも見られたが、ドライブを仕掛けた関野選手に自身のDFが寄ったのを見た野口選手は、「絶対にパスが来る、と思って準備をしていた」と言い、関野選手には「大介さんがいてくれて良かった」と言われたという。

 北海道は開幕から4連勝と好調だったこともあり、「出だしでどれだけ自分たちのDFができるかに重きを置いて」(伊佐勉ヘッドコーチ(HC))試合に臨んだ。関野選手に続くかのようにDFに定評のある石井講祐選手も積極的にボールに手を出していき、SR渋谷は第1Qでスチール4本を奪った。オフェンス(OF)面では「CJ(=チャールズ・ジャクソン選手の)インサイドアタックが効果的になるのでは」という伊佐HCの采配が当たり、ジャクソン選手がゴール下で強さを見せた。

 前半、北海道を28点に抑えたSR渋谷。「DFをしっかりやろうと話し」(伊佐HC)迎えた後半、立ち上がりはベンドラメ礼生選手や石井選手が立て続けにスチールを奪うなどし、最大22点差を付けることに成功したが、北海道がガード陣のドライブやビッグマンの1対1などで得点を重ね11点差で最終Qに突入。一進一退の攻防が続く中、SR渋谷のシュートが外れリバウンドを取られる場面が増えたが、ファウルで北海道の攻撃を止めるなど我慢。残り2分49秒には、関野選手が3Pを放つも「打った瞬間外れたと思い」すぐにバックコートに戻り、リバウンドを取った北海道のパスをスチールする場面も見られた。一時7点差に詰め寄られ、ファウルゲームに持ち込まれるが、SR渋谷は与えられたフリースローを高確率で決め、逃げ切った。

 伊佐HCは「(試合の)最初で選手たちがDFの強度を高めたことで、終始自分たちのペースで進んだのでは」と分析。この日はチームで11本のスチールを奪ったほか、さまざまな選手がルーズボールに飛び込む場面が見られた。「ボールプレッシャーがキーポイントだった。(北海道の)橋本選手や松島選手がしつこいDFをするので、どっちが最初に自分たちのDFを示せるかという話をした。ボールに手を出して、少しでも転がったら自分たちボールにするべくダイブしたのでは」とも。開幕3連勝となり手応えを聞かれると「良くない。残り57連敗したら…」とはぐらかしたが、その顔は笑顔だった。

 HCや選手たちが課題として挙げたのが後半。20点差を付けた状況で伊佐HCは「ここで緩んでは駄目」と選手たちに声を掛けていたが、点差を詰められる結果に。田渡修人選手は「DFのギアをもう一段階上げないといけないし、OFも守りに入らないでどんどん攻めないと。(点差を)離せる力が付けばよりよくなる」と見込む。

 足立区出身の田渡選手は、大学の引退試合が同体育館だったことなど「思い出がある」場での試合となった。地元の友人も観戦に来たといい、「(試合後に)サンロッカーズ強いねって言ってもらえてうれしかった」と笑顔を見せつつ、得意の3Pを決められず「もうちょっといいプレーがしたかった」と肩を落とした。この日は、「先日ぶつけた」という右肩にテーピングをしていたが「言い訳にはならない。試合に出ている責任があるので決め切らないと」と自身を戒める。

 次節10月19日・20日は田渡選手の古巣である三遠ネオフェニックスとアウェーで戦う。田渡選手は「古巣との試合はやっぱり燃える。しっかりチームで戦って、なおかつ自分もいいパフォーマンスができれば三遠のファンの方たちへの恩返しにもなるのでは」と意気込む。野口選手は「剛平や僕がチームメートの思いを受けたように、皆で力を合わせて、田渡のためにも一丸となって倒しにいきたい」とも。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞