見る・遊ぶ

渋谷フクラスに観光支援施設「シブヤサン」 バスターミナルも新設

対面カウンターでの観光案内をしない「シブヤサン」内観イメージ(画像提供=東急不動産)

対面カウンターでの観光案内をしない「シブヤサン」内観イメージ(画像提供=東急不動産)

  •  
  •  

 渋谷駅西口の旧・東急プラザ渋谷跡で再開発工事が進む複合施設「渋谷フクラス」(渋谷区道玄坂1)1階に観光支援施設名が「shibuya-san(シブヤサン)tourist information&art center」がオープンする。

空港リムジンバスなどが発着するバスターミナルのイメージ

 企業や自治体などの訪日プロモーション支援などを手掛けるJTBコミュニケーションデザイン(港区)と東急不動産が組み、総合プロデューサーにはシティーガイド「タイムアウト東京」を運営する手掛けるオリジナル(広尾5)の伏谷博之社長を招く。内装デザインは「ルイ・ヴィトン」の店舗外観の設計などを手掛けた建築家・青木淳さんが担当する。

[広告]

 観光案内や荷物預かり・配送、外貨両替などの観光支援機能に加え、「国境を超えて伝わる力がある」とアートセンター機能を持たせるほか、体験プログラムも予定。施設名の「シブヤサン」は、渋谷と敬称の「さん」を組み合わせた造語で、初めて来街する外国人にも「親しみを持って呼んでほしい」という思いを込めた。ロゴマークはインフォメーションセンターのピクトマークである「i」マークを擬人化したデザインに仕上げた。

 同所では留学生を中心に欧米やアジアなどの外国人が観光コンシェルジュとして滞在し「外国人目線で」渋谷を案内する。23時まで営業することで都や区が取り組むナイトタイムエコノミー振興と連携し、夜間観光の活性化を図る。場内に併設するドリンクカウンターでは夜間にアルコールも提供予定。営業時間は10時~23時(一部サービスを除く)。

 「シブヤサン」の前には空港リムジンバスも乗り入れるバスターミナルを設置。現在渋谷駅周辺から羽田・成田空港へは渋谷マークシティ、セルリアンタワー東急ホテル、渋谷駅西口を巡回する便が運行しているが、駅西口は路線バスとバス停を併用していることから発着便数が少ない。同所にバスターミナルを整備することで、国際空港とのアクセス強化を図る。発着便数は路線バスに加え、羽田空港行き=29便、これまでは駅西口に止まらず今回新設することになった成田空港行き=31便を予定する。乗り入れ開始は12月上旬予定。

 2015(平成27)年に閉館した旧東急プラザ渋谷の跡地や隣接する街区を一体的に再開発する渋谷フクラスは、地上18階(建築基準法上は19階)・地下4階建て。地上2階~8階と最上階層の17階~18階の商業ゾーンには「東急プラザ渋谷」が出店。屋上広場を整備する17階・18階には、広場に面した形でシンガポール発のレストラン「セラヴィ」が日本初出店することも決まっている。

 12月開業予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞