食べる

渋谷・宇田川町にハワイアンキッチンカー 3月閉店の「L&L」が復活

ハワイアン「L&L Hawaiian Dining Cafe」のキッチンカー

ハワイアン「L&L Hawaiian Dining Cafe」のキッチンカー

  •  
  •  

 今年3月に閉店した渋谷・宇田川町のハワイアンレストラン「L&L Hawaiian Dining Cafe(エル&エル ハワイアンダイニングカフェ、以下L&L)」がキッチンカーとして復活した。かつての店も見える近距離にある複合ビル「渋谷BEAM」(渋谷区宇田川町)前のスペースで8月3日、営業を始めた。

「ロコモコ」などをカップに入れて提供

 倉庫業などを手掛けるニッパック(同)社長でハワイに留学経験のある森亮介さんが2010(平成22)年6月にオープンしたL&Lは、森さんが現地で食べ感動したという「ロコモコ」や「バーベキュー(BBQ)チキン」などのメニューを提供。2017(平成29)年には江ノ島に出店している。

[広告]

 賃貸契約満了に伴い渋谷店が閉店してから約5カ月。「渋谷生まれ、渋谷育ち」の森さんの地元への思い入れは強く、半年未満で「再出店」にこぎ着けた。キッチンカーは、これまでの店と同様、黄色と赤を基調に、サーフボードをモチーフにしたロゴも掲出。「キッチンカーにはあまり付いていない製氷機が付いているのがポイント。いつでも冷たいドリンクが出せる」と森さん。車の横にはテーブル席も用意する。

 メニューは、ランチ(11時30分~15時)で提供するワンコインの「ロコモコ」(500円)や、ビーフ・チキン・スペアリブの「BBQミックス」(800円)などの「BENTO」をはじめ、ハワイでは定番のレインボーなどのカラフルな「シェイブアイス」(700円)、「日本の飲食店で6つそろうのは珍しい」(森さん)という6種のフレーバーのハワイ産クラフトビール「コナビール」(各650円)など。

 フードは、ランチの弁当メニューに加え、「BBQショートリブ」(1,250円)、「BBQチキン」(900円)、「ガーリックシュリンプ」(1,000円)など以前からの人気メニューを、持ち運びしやすいようカップにライスとメインを盛り付け提供する。「今の時期はかき氷がよく出ている。飲んだ締めにも食べられるよう話題の『エスプーマかき氷』や珍しいシロップなども取り入れてレパートリーを増やしたい」と、スイーツにも力を入れていきたいという。

 オープン後には急きょ、暑さ対策のミスト噴射や、かき氷を丸めて食べたり額などに当てたりできる氷の塊「スノーポール」(100円)も導入。「店を閉めるときに常連客からは『戻ってきてほしい』と言われた。前はディナー客が中心だったが、平日のランチ客のニーズも取り込みたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~20時(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞