買う

東急東横店、86年の歴史に幕 来年3月で営業終了、東急フードショー・東横のれん街は継続へ

来年3月に閉店する「東急東横店」外観(写真=スクランブル交差点から見た西館)

来年3月に閉店する「東急東横店」外観(写真=スクランブル交差点から見た西館)

  •  
  •  

 東急百貨店(渋谷区道玄坂1)は、1934(昭和9)年に開業した「東急東横店」(渋谷2)の営業を、2020年3月31日で終了し、西館・南館を閉館すると発表した。

東急東横店(南館)外観

 東急百貨店は、渋谷駅直上に11月1日に開業する超高層複合施設「渋谷スクランブルスクエア東棟」に計5フロアの売り場を新設することを明らかにしており、ビューティーフロアを中心に西館・南館に出店しているブランドと重複している店も多く、東横店の閉店時期は「未定」としていた。

[広告]

 東急東横店(当時は東横百貨店)は1934年、渋谷駅と直結するターミナルデパートとして開業。当初は東館のみで、1954(昭和29)年に西館、1970(昭和45)年に南館をそれぞれ増築し3館体制で営業していた。

 その後、2013(平成25)年には、現在駅周辺を中心に進められる再開発に伴い、東館を閉館・取り壊し。取り壊された東館の施設・売り場は西館・南館に移設・集約し、営業を続けてきた。駅周辺の再開発の進ちょくに伴い、今回、現在営業している西・南館も営業を終了する。

 地下1階の食品売り場「東急フードショー」「東横のれん街」は、東横店営業終了後も営業を継続するが、「東横店の名称が残るかはまだ分からない」(同社)としており、「他のフロアも残る可能性がある」という。

 「渋谷スクランブルスクエア東棟」に出店する5フロアでは、計約5250平方メートルの売り場に、ポップアップショップ含め約120の売り場・ショップを展開。食品売り場は、地下2階と地上1階に「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ フードショー エッジ)」、地上1階(約400平方メートル)にスイーツ売り場として出店。4階には「SHIBUYA FASHION PARK」をコンセプトにしたレディスファッションのセレクトショップ「428-224(シブヤニーニーヨン)」(約260平方メートル)を出店。5階にはバッグやシューズ、ファッション雑貨をそろえ、スクランブルスクエアのショップ・レストランエリアが掲げるビジョン「世界最旬宣言」に合わせ、「最旬」「新しい」にこだわりテナントを構成する。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞