暮らす・働く

地域交流図る「渋谷おとなりサンデー」開催へ 区内各地でイベント多彩に

地域の人たちが集まって交流する(写真は昨年の様子)

地域の人たちが集まって交流する(写真は昨年の様子)

  •  
  •  

 地域コミュニティーの活性化を促すことを目的にした「渋谷おとなりサンデー」が6月2日から、渋谷区内で開催される。

屋外での卓球やフットサルなど体を動かす企画も

 渋谷区が主催し2017(平成29)年に初開催した同イベントは、仏パリの「隣人祭り」をヒントに企画。6月の第1日曜を「渋谷おとなりサンデーの日」に位置付け、6月の1カ月を強化月間として区内のさまざまな場所で交流イベントを展開。昨年は1カ月で、約100カ所でイベントが開催されたという。

[広告]

 交流イベントは、地域住民らがホームページから投稿できるようになっている。当日は鳩森八幡神社(渋谷区千駄ヶ谷1)で、Bリーグ「サンロッカーズ渋谷」のチア「サンロッカーガールズ」のパフォーマンスや長谷部健渋谷区長が開会宣言を行うキックオフイベントを予定。インフォメーションブースを設置する津田塾大学津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス(同)では、新潟・南魚沼市の雪も持ち込む。千駄ヶ谷エリアは道路上での「スリッパ卓球」、家の軒先でのガレージセールなども開かれ、回遊できるようにする。

 このほか、「渋谷モディ」(神南1)裏手の道路にチョークで絵を描いてフォトスポット作る企画、「E・A・T GRILL&BAR」(千駄ヶ谷4)での立ち飲み会、LGBTに関する映画「私はわたし」の上映会(神宮前1)、芋煮会(初台商盛会事務所=初台1)、恵比寿町会・青年部によるバーベキューや輪投げ大会(景丘公園=恵比寿4)、渋谷区役所初台出張所(初台1)内でのミニコンサートなど、区内のさまざまな場所で住民らがイベントを開催。

 渋谷を拠点に活動するサッカークラブ「TOKYO CITY F.C.」は、代々木公園のコートでフットサルを行うほか、渋谷にいる人たちとサッカーボールを始まりとした物々交換の結果も発表予定。 スターバックスコーヒーは渋谷2丁目店や渋谷ファイヤー通り店などが参加し、コーヒーテイスティングやアーティストと一緒に福笑いの絵を描く親子向け企画などを予定。

 渋谷キャスト(渋谷2)広場にはロングテーブルを設置し、集まった人たちで食べ物をシェアしながら交流する。オープンイノベーション拠点「100BANCH」(渋谷3)では、クリエーター・プログラミング教室を開くほか、薬草スタンドや「インスタ映え」するサンドイッチ作りなどを行う。

 期間中は、鳩森八幡神社「将棋堂」の特別参拝、六号坂上公園(幡ケ谷3)のハンギングバスケットの植え替え大会、マルチクリエーティブカンパニーのザリガニワークス(神宮前4)の木製のベースキットに拾った葉っぱや木や貝殻などを組み合わせて昆虫を作るワークショップ、地球をモチーフにしたオリジナルエコバッグ作り(cafe 1886 at Bosch=渋谷3)なども予定している。

 6月30日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞