見る・遊ぶ

アルバルク東京、チャンピオンシップ決勝進出 対戦相手は千葉、昨季の戦い再び

2季連続となるチャンピオンシップ決勝進出を決めたアルバルク東京

2季連続となるチャンピオンシップ決勝進出を決めたアルバルク東京

  •  
  •  

 Bリーグ・アルバルク東京(以下、A東京)が5月7日、チャンピオンシップ決勝戦進出を決めた。

 Bリーグの王者を決めるチャンピオンシップ(CS)は、B1に所属する18クラブの中から3地区各1位・2位のクラブと、各地区3位以下の全12クラブの内、勝率上位2クラブの計8クラブが出場するトーナメント戦。

[広告]

 A東京は44勝16敗、東地区3位でレギュラーシーズンを終え、ワイルドカード上位でCS進出を決めた。先に2勝したクラブが勝ち上がる初戦と準決勝。A東京は新潟アルビレックスBB戦に連勝し迎えた琉球ゴールデンキングスとの準決勝。今月4日に行われた1戦目は67-57で先勝するも、翌5日の2戦目は56-62と敗れ1勝1敗に。7日に行われた3戦目を72-60で勝利し決勝進出を決めた。

 今月11日、横浜アリーナで行われる決勝は1戦先勝で勝者を決める。対戦相手は、同じ東地区に所属し、52勝8敗、地区・リーグ共に1位でレギュラーシーズンを終えた千葉ジェッツふなばしで、初戦・準決勝共に連勝で勝ち上がり早々に決勝進出を決めていた。くしくも昨シーズンの決勝と同じカードとなった。

 ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチは「我々らしく戦い勝つことができ、ファイナル進出の切符を手にすることができた」と決勝進出を喜びつつ、「タフな戦いが続いたので、しっかりとリカバリーしながらファイナルの準備をして、もう一度チャンピオンになれるように挑んでいきたい」と決勝を見据える。

 第3戦でチーム最多となる17得点をマークした安藤誓哉選手は「負けたら終わりのゲームで、全員が集中してプレーすることができた。このフィジカルな戦いを制すことができたので、この戦い方をそのままファイナルに持っていきたい。最後は 1 試合なので、集中して優勝をもぎ取る気持ちで戦いたい」と意気込む。エース田中大貴選手は「ここまできたらどちらがファイナルに行きたいか、という気持ちと気持ちのぶつかり合いの試合だった。ファイナルは、自分たちが一番タフなチームということを証明できるいい機会。しっかりリカバリーして戦いたい」とも。

 観戦チケットの販売は、ファンクラブ先行=今月8日(12時~)、一般=同9日(同)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞