食べる

代官山のコーヒースタンド「THE COFFEESHOP」が閉店へ 富ヶ谷店は継続

「THE COFFEESHOP」外観

「THE COFFEESHOP」外観

  •  
  •  

 代官山のコーヒースタンド「THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)」(渋谷区猿楽町、TEL 03-6380-5811)が4月25日に閉店する。

オリジナルのカップも

 並木橋近くのマンションの1階に店を構える同店は、当時はまだスペシャルティコーヒーを専門に提供する店が少なかった2011年3月1日にオープン。国内のスペシャルティコーヒー専門店の草分け的存在だった。同じマンション内にオフィスを持ち、広告デザインなどを手掛けるバンザイクリエイティブが経営し、店の売りにしてきた「エッジの利いた」コーヒー同様、白や黒、茶色を基調にした約3坪の店内は、オリジナルのカップやマグ、ロゴなどのデザインも独特な雰囲気をつくり出してきた。

[広告]

 自家焙煎(ばいせん)した豆のみを扱い、シングルオリジン(単一農園)のスペシャルティコーヒーを提供。メニューは、コーヒーを湯に浸し紅茶のように抽出するフレンチプレスで提供する「Today's Coffee」(380円)やハンドドリップなど抽出方法を選べる「Select Coffee」(420円)、オープン後に扱うようになったレモネードなど。豆は常時8種を用意してきた。

 閉店は「店舗の老朽化」(同社)によるもの。2013年11月に姉妹店として富ヶ谷にオープンした「ROAST WORKS(ローストワークス)」(富ヶ谷2)とオンラインショップは営業を続け、ローストワークスは5月にリニューアルオープンする予定。

 同社は「オープン以来、スペシャルティコーヒーの素晴らしさをお伝えするために営業してきた。代官山店が日本のスペシャルティコーヒーの発展のために少しでも貢献できたのならば光栄」などと感謝の気持ちを伝えている。

 営業時間は12時~日没。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞