学ぶ・知る

ぬれたタイヤが「スタンプ」に ドコモが道に柄残せる自転車開発、渋谷で披露

ぬれたタイヤの跡でスタンプのように道に柄を残せる「スタンプバイク」

ぬれたタイヤの跡でスタンプのように道に柄を残せる「スタンプバイク」

  •  
  •  

 ぬれたタイヤの跡でスタンプのように道路上に文字や絵を残せる「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が3月19日、複合施設「渋谷ストリーム」(渋谷区渋谷3)の稲荷橋広場に登場した。

3Dプリンタで柄を刻印したタイヤ

 バイクは、NTTドコモがSDGs(持続可能な開発目標)活動の一環として開発。同社が都市部の移動手段の一つとして2011年に始めたシェアサイクル事業「docomo bike share(ドコモ・バイクシェア)」が環境負荷の低減や循環型社会の実現にもつながることから、タイヤには環境への優しさを表現したメッセージや絵を3Dプリンターで刻印した。

[広告]

 開発した「スタンプバイク」は、シェアサイクル事業で通常使っている自転車に特殊なタイヤとポンプを取り付けたもので、水タンクとなるポンプからノズルを通じタイヤに水を吹き付け、タイヤをぬれた状態に。そのまま走行すると、3Dプリンターで柄を浮かび上がらせたエアレスタイヤ自体が「スタンプ」になる仕組み。タイヤ面の工夫やデザイン調整、ゴムの硬度検証などの試作を重ね、6カ月かけて完成したという。

 「スタンプ」の柄は、チンパンジーやパンダ、シロクマなど地球温暖化の影響を受けているとされる動物をモチーフに採用。これに「しぜんをのこそう」「ドコモバイクシェア」の文字を加えた。水を使うため、地面に残った柄は自然に消えていく。

 プロトタイプとして4台を製作し、今後タイヤ面を広告媒体とする新たな試みとして、実用化に向け検証を進めていく予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞