買う

表参道でチョコレートの祭典、初開催へ ビーントゥーバーなど25店

ビーントゥーバーチョコレートショップなど25店が出店する(写真はブースイメージ)

ビーントゥーバーチョコレートショップなど25店が出店する(写真はブースイメージ)

  •  
  •  

 チョコレートの祭典「Craft Chocolate Festival」が11月24日・25日、国連大学(渋谷区神宮前5)中庭で初開催される。主催はNPO法人「ファーマーズマーケット・アソシエーション」(目黒区)、共催はビーントゥーバーチョコレート店「Minimal」(富ヶ谷2)ほか。

 「ビーントゥーバーチョコレート」「クラフトチョコレート」など、「進化」を見せているチョコレート。国内外の作り手が参加し、チョコレートだけでなく、チョコレートを使ったスイーツやドリンクの販売、ワークショップ、トークショーなどを通じ、「多様性を感じられる」イベントを展開する。

[広告]

 会場には、ビーントゥーバーチョコレートブランド「サタデイズ チョコレート」(北海道札幌市)、「ラブロータス」(石川県金沢市)、「イチジ」(兵庫県芦屋市)、「チョコゼヨ」(口県高知市)、「オキナワカカオ」(沖縄県)、無添加で作るチョコレートブランド「エミリーズ・チョコレート奥沢」(世田谷区)、ローチョコレート専門店「カカオマジック」(京都市左京区)、ベトナム発「MAROU(マルゥ)」など25店・ブランドが出店。そのほか、「チョコレートのお供」となるコーヒーやワイン、陶器などを扱うブースも並ぶ。

 「Minimal」がプロデュースするどら焼き、渋谷に2店舗構えるフレッシュチーズ店「チーズスタンド」によるスイーツ、居酒屋「GEM by moto」(恵比寿1)のバーテンダーが作る日本酒とカカオニブのカクテル、茶葉店「GEN GEN AN」(宇田川町)がプロデュースする茶とカカオのドリンクなども提供する予定。

 25日は、カカオを調味料として使い、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」を作るワークショップも開く。参加料は2,500円(カカオのスパイスとドリンク付き)。定員25人。23日まで参加予約を受け付ける。

 開催時間は11時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加