見る・遊ぶ

ハロウィーン当日の渋谷、今年も大混雑 SHIBUYA109前・文化村通りをホコ天に

来街者らは写真を撮り合うなどしていた

来街者らは写真を撮り合うなどしていた

  •  
  •  

 ハロウィーン当日を迎えた10月31日、渋谷は今年も仮装した多くの人が集まった。

歩行者天国となったSHIBUYA109前

 若者を中心に多くの人が集まるようになったハロウィーンの渋谷。今年は、けんかや痴漢といったトラブルが聞かれるようになったほか、改造車や暴走車両も近くに集まり住民からも騒音に対するクレームが寄せられるようになったことから、今月23日、長谷部健渋谷区長が異例の声明を発表し、「節度を持って楽しんで」と呼び掛けた。

[広告]

 街なかでは今月26日から、仮装した若者をはじめ、それを見ようと来街した人や外国人観光客らでごった返し、今月27日夜から28日未明にかけて、渋谷駅周辺で一部の来街者らによる犯罪・迷惑行為が問題となったことを受け、29日には長谷部区長が再び「ハロウィーンに向けたお願い」として緊急コメントを出した。

 この日は、明るい時間帯から仮装した人たちの姿が街なかに見られるようになるとともに、メガホンを首から提げた警察官が渋谷駅前スクランブル交差点やバスケットボールストリート(バスケ通り)、井の頭通りなどを巡回しながら、仮装した人たちに滞留しないように呼び掛けるなどしていた。日が暮れるにつれ来街者は増え、スクランブル交差点ではメガホンや拡声器で、道玄坂や文化村通りへのスムーズな移動を呼び掛けたほか、規制ベルトを持って交差点の横断を誘導。20時過ぎにはSHIBUYA109前の道玄坂と文化村通りを交通規制し、一時的に歩行者天国にした。

 街なかには、ミニスカポリスやセーラームーン、ゾンビの花嫁、漫画「銀魂」のキャラクターなどに加え、「平成最後のハロウィーン」と書いたパネルを持った人や、オークションで落札後に半分がシュレッダーにかけられたことで話題となった英ストリート・アーティスト「バンクシー」さんの作品を模した人など、今年を表す格好をした人も見られ、互いに写真を撮り合うなどしていた。その姿を写真に収めようと集まった人たちはビルの階段などの上にもあふれた。

 ゴミなどの対策として、ハチ公前広場や宇田川交番前など4カ所にエコステーションを、SHIBUYA109地下とつながる渋谷駅1番・2番出入り口付近のコンコースなど2カ所にフィッティングルームを、宮下公園駐輪場内など2カ所に仮設トイレを、それぞれ用意。区はSHIBUYA109のシリンダーに「マナーを守って」「ゴミのポイ捨て禁止」などのメッセージを投影した。11月1日朝にはボランティアらがゴミ拾いを予定している。

  • はてなブックマークに追加