見る・遊ぶ

Bリーグ「オールスターゲーム」概要発表 地域創生テーマ、投票で選手選出も

渋谷で行われた発表会には富山グラウジーズのマスコット「グラッキー」(左)も登場した

渋谷で行われた発表会には富山グラウジーズのマスコット「グラッキー」(左)も登場した

  •  
  •  

 来年1月に開催される「Bリーグ オールスターゲーム2019」の概要が10月23日、発表された。

 初年度は東京、昨シーズンは熊本で開催され、今季は富山で開催されるオールスターゲーム。地域創生の意味を込めた「B.STYLE」をテーマに掲げる。会場はより「革新性」に焦点を当て、3Dをテーマに「メロディー」「ハーモニー」「リズム」という音楽の3要素を取り入れるアーティストのパフォーマンスや3次元の演出を行うという。

[広告]

 試合には、B1・B2に属する36チームを「B.BLACK」「B.WHITE」に分け、ファン投票などで選ばれた各チーム12人の選手が出場する。チーム分けは昨シーズンの最終順位を元にし、渋谷を拠点にするサンロッカーズ渋谷とアルバルク東京は共にB.BLACKとなる。

 選手選出は、各チームのスターティング5を決めるファン投票(11月1日~11月25日23時59分)をリーグ公式ウェブサイト、リーグ公式チケットアプリなどで行った後、リーグ推薦枠として各チーム6選手を11月27日に発表予定。最後の1選手はSNS投票(11月28日~12月3日)で決める。

 当日は試合以外に3ポイントコンテスト、ダンクシュートも行うほか、新たな取り組みとしてNBAでも行われているパスやドリブル、シュートを競う「スキルズチャレンジ」、一般参加型の「シューティングチャレンジ」を予定する。

 昨シーズンに引き続き、テクノロジーを活用して新たな観戦スタイルの提案を図るライブビューイングも行う。会場は品川ステラボール(港区)を予定する。

 オールスターゲーム2018の試合会場は「富山グラウジーズ」のホームアリーナである富山市総合体育館。来年1月19日19時ティップオフ予定。チケット発売日は、クラブファンクラブ会員先行=11月28日、Bリーグチケット先行=12月1日、一般=12月8日。来季(2020年)の開催地には北海道と茨城が立候補している。

  • はてなブックマークに追加