食べる

原宿のスイーツ店が「アイスクリームタコス」 カラフル生地でSNS映え狙う

ピンクや緑に着色したカラフルな生地でSNS映えも狙う「アイスクリームタコス」

ピンクや緑に着色したカラフルな生地でSNS映えも狙う「アイスクリームタコス」

  •  
  •  

 「電球」風の容器に入ったジュースや動物モチーフのアイスクリームなどを提供する原宿のスイーツ店「原宿電気商会」(渋谷区神宮前3、TEL 03-6434-5074)が7月10日から、新商品「アイスクリームタコス」を提供している。

青色のアイスクリームタコス「クッキー&クリーム」

 2017年に名古屋・大須にオープンしたロールアイス専門店の系列店として、今年5月、原宿に出店した同店。翌6月に移転し、明治通りから一本入った裏原宿エリアに店を構える。電球を模した容器が特徴の「電球ソーダ」や、クッキーなどで耳や鼻を付け豚やゾウの顔をかたどった動物型アイス「どうぶつえん」などSNS映えするスイーツをラインアップしている。

[広告]

 新たに取り扱うアイスクリームタコスは北米のアイスクリーム店が発祥とされ、メキシコ料理のタコスをスイーツに見立てたもの。同店ではピンクや緑に色を付けた甘みのあるワッフル生地にロールアイスを挟み、生クリームやクッキーなどをトッピングする。

 4種類を用意し、「クッキー&クリーム」(生地の色=ブルー)は、コーンフレーク、ホイップ、チョコソース、オレオクッキー、星のスプリンクルをトッピング。「抹茶」(同=グリーン)は、コーンフレーク、ホイップ、抹茶ソース、M&M、自社製のくまのクッキー、星のスプリンクルをのせる。

 そのほか、「ストロベリー」(同=オレンジ)は、チョコチップクッキーやカットフルーツ、ハートのスプリンクルなど、「チョコレート」(同=ピンク、以上600円)はマシュマロ、自家製のうさぎの耳クッキーなどを、それぞれトッピングする。

 営業時間は11時~19時(夏休み期間中は10時30分~19時30分)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞