渋谷で鹿児島発「おはら祭」開催迫る 踊り手2600人参加、仮装「西郷どん賞」も

踊り手たちが道玄坂や文化村通りを踊りながら練り歩く(写真は昨年開催時の様子)

踊り手たちが道玄坂や文化村通りを踊りながら練り歩く(写真は昨年開催時の様子)

  •  

 道玄坂や文化村通りなど渋谷エリアで5月20日、「明治維新150周年記念 第21回 渋谷・鹿児島おはら祭」が開催される。

 「おはら祭り」は1949(昭和24)年、鹿児島県鹿児島市施行60周年を記念して始まった祭りで、毎年11月に踊り手たちが民謡に合わせ踊りながら市内の目抜き通りを練り歩くもの。

[広告]

 「渋谷・鹿児島おはら祭」は、小倉基元渋谷区長が鹿児島県出身だったことをきっかけに1998年に初開催。渋谷と鹿児島は、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎を祭る東郷神社が渋谷に建立されているほか、初代・ハチ公像を作った彫刻家・安藤照が鹿児島出身であるなどゆかりがあるほか、渋谷区と鹿児島市は昨年、「観光・文化交流協定」を締結している。

 今年は「踊り連」69組、計約2600人の踊り手が参加し、道玄坂や文化村通りで「おはら節」「ハンヤ節」「渋谷音頭」の3曲に合わせて「踊りパレード」を行うほか、来場者が自由に参加できる「飛び入り連」も用意。今年は明治維新150年に当たることから、踊り連の中から西郷隆盛の仮装大賞を決める「西郷(せご)どん賞」を設ける。オープニングアトラクションでは、鹿児島市のPR動画「維新 dancin’鹿児島市」で新体操を披露する鹿児島実業高校の男子新体操部員がダンスパフォーマンスを披露する。

 開催に併せて19日・20日には東急本店(渋谷区道玄坂2)前や渋谷マークシティ(道玄坂1)イベントスペースなどで、さつま揚げや焼酎、餅菓子「春駒」、かるかんなど鹿児島の特産品を扱う「さつまの物産展」を展開。ハチ公前広場と東急本店では渋谷と鹿児島の観光案内を行うほか、明治維新150年を契機に鹿児島市の観光PRをする「薩摩観光維新隊」も登場予定。開催に先駆け「SHIBUYA TSUTAYA」(宇田川町)6階では現在、「西郷どん・鹿児島観光展」を行っている。

 踊りパレードは12時40分~16時15分。小雨決行。