食べる

表参道にアイス「牧場しぼり」ポップアップストア 生乳から作る「できたて」提供

「爽やかさ」を演出したイートインスペース

「爽やかさ」を演出したイートインスペース

  •  

 表参道に現在、アイスクリーム「牧場しぼり」のポップアップストアがオープンしている。

ドライアイスで煙の演出を加えるアイス

 江崎グリコ(大阪市西淀川区)が2002年から販売している同商品。搾ってから3日以内の生乳を使っていることから、「できたてアイス専門店 新鮮ミルクのアイスクリーム屋さん」と称する限定店では「新鮮」をテーマに「できたて」のアイスを提供する。スーパーマーケットを中心に商品を展開していることもあり、購買層の中心は30~40代の女性。若年層などへのアプローチを図り同エリアに出店した。

[広告]

 店舗は、商品のブランドカラーである「青」と生乳の「白」を基調に仕上げた。1階のカウンターでは、生乳に液体窒素を加えてアイスクリームを作る工程を見られるようにしている。2階のイートインスペースは、緑のマットを敷き牛乳瓶を使った照明をつるすなどして「爽やかさ」や「牧場感」を演出。ミニチュアで作った牧場やフォトスポットなど若年層とのコミュニケーションも意識した。

 商品と同じ原料で作るアイスを提供する同店。搾って3日以内の生乳やバニラビーンズ、生クリームなどに液体窒素を入れてマイナス196度で調理(約2分)。イートイン用のプレートにはアイスを置く部分の下にドライアイスを入れており、着席後に店員が湯をかけて白い煙が上がる演出を用意している。価格は500円。

 営業時間は11時~19時。5月13日まで。