代々木公園で「アウトドアデイ」 ブース120超、クライミング体験なども

アウトドア関連のメーカーや団体などがブースを出展する(写真は昨年開催時の様子)

アウトドア関連のメーカーや団体などがブースを出展する(写真は昨年開催時の様子)

  •  
  •  

 代々木公園イベント広場やケヤキ並木通りで4月7日・8日、アウトドアイベント「OUTDOOR DAY JAPAN2018」が開催される。主催は日本オートキャンプ協会(新宿区)。

クライミングやラフティングなどのアクティビティー体験も用意

 オートキャンプを含めたさまざまなアウトドアアクティビティーの普及・拡大を目的に2001年に始まった同イベントは今年で18回目。アウトドアに関連する商品やサービスを、見て・触れて・体感できるコンテンツを用意し、昨年は約10万人以上が来場したという。

[広告]

 場内には120社・団体以上が出店し、商品を展示・販売。テントやバーベキューグリル、ランタン、ウエア、調理器具、ハンモック、天体望遠鏡、双眼鏡、ファーニチャー、ペット用品など幅広くそろい、テントやタープなどは実際に張って設置することで、サイズを見比べたり高さを体感したりできるようにする。各ブースでは、木材でのカスタネットづくり(600円)、電動チェーンソーでの丸太切り(6歳以上、500円)などのワークショップも展開する。

 このほか、「アイサイト・急制動」「ヒルクライム」が体験できる車の試乗、移動式のクライミングタワー、プールに浮かべるゴムボートでのラフティング体験、FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」がプロデュースする音楽ライブなども展開する。恒例となっている出展社から集まった商品で行うチャリティーオークションでは、集まった金額は東日本大震災義援金として日本赤十字社へ寄付する。

 開催時間は10時~17時。入場無料。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞