買う

渋谷キャストでファッションショー モデル・松井愛莉さんも登場

渋谷キャストの広場にランウエーをつくった

渋谷キャストの広場にランウエーをつくった

  •  
  •  

 渋谷・キャットストリート沿いの複合施設「渋谷キャスト」(渋谷区渋谷1)の広場で3月15日、ファッションショー「SHIBUYA RUNWAY」が行われた。

「LOEWE」のワンピースを着て登場した松井愛莉さん

 同日渋谷駅周辺で始まった「第9回 渋谷ファッションウイーク(以下SFW)」のオープニングイベント。SFWでは文化村通りや金王八幡宮など、毎回ファッションショーを行っているが、同施設での開催は初。貫通通路をランウエーに見立てレッドカーペットを敷いた。

[広告]

 ショーの1部「SHIBUYA FIRST STEP」では、ファッションデザインコンテスト「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門で入賞したブランドで、デザイナー大嶋祐輝さんが手掛ける「amok」と、新津祥太さんが手掛ける「-niitu-」が初のコレクションショーを行った。

 2部「渋谷スタイル」は、SFWに参加する大型商業施設内に店舗を構えるブランドが参加するとともに、ショップ店員がランウエーを歩く同イベントならではのショー。今回は、モデル藤田ニコルさんがプロデュースする「NiCORON」(SHIBUYA109)、ベイクルーズが展開するセレクトショップ「PULP 417 EDIFICE」(渋谷キャスト)、着物ブランド「THE YARD」(渋谷モディ)、イッセイミヤケで企画デザインなどを手掛けていた森川拓野さんが立ち上げた「TAAKK」(西武渋谷店)など17ブランドがスタイルを披露。BGMにはパルコが展開するライブハウス「渋谷クラブクアトロ」が各商業施設をイメージして選曲した楽曲を流した。

 ショーのフィナーレでは、同イベントアンバサダーのモデルで女優の松井愛莉さんが東急本店に店舗を構える「LOEWE(ロエベ)」のワンピースを着て登場。「チェックやアシンメトリーな形、春らしい色合い」とファッションポイントに挙げた。

 ショー終了後、大西賢治実行委員長は「渋谷らしい奥深いファッションが見られたのでは」と振り返り、同施設での開催に「場所に恵まれたのでは。階段があり、モデルの方々は楽しく、見ている方は見やすかったのでは」と話す。

 同イベントナビゲーターの干場義雅さんは「これが2018年を象徴するスタイルなんだな、と見応えがあった。ファッションは時代の空気感だと思うので、(見ていた方も)自分なりのファッションに取り入れてほしい」と呼び掛ける。

 SFWでは「MADE IN SHIBUYA」をコンセプトに、駅周辺の大型商業施設12店舗が改装や期間限定企画などを展開する。

 SFWは今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞