買う

渋谷ヒカリエで「ネコフェス」 猫雑貨、シールラリー、「モフモフ」手触りオブジェなど

「猫の日」当日を迎えにぎわいを見せる館内

「猫の日」当日を迎えにぎわいを見せる館内

  •  
  •  

 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)内の商業施設「ShinQs(シンクス)」で現在、「ネコフェス」が開催されている。

ファッション雑貨や食器、キャンドルなどさまざまな猫グッズがそろう

 猫の鳴き声「にゃん=2」の語呂合わせから制定された2月22日の「猫の日」に合わせて開く同フェスは、昨年に次ぎ2回目。

[広告]

 今年はペットメディア「PECO」とタイアップし、1階正面口に猫の写真と「222」の数字のオブジェを置くほか、2階には「モフモフ」した手触りの三毛猫パネルと写真が撮れるフォトスペースを設置している。

 館内には、通販サイト「フェリシモ」の猫好きが集まるコミュニティー「フェリシモ猫部」や、出版社「ネコ・パブリッシング」がプロデュースする猫の雑貨ブランド「NEKONOBA」、猫用品・インテリアを扱う「nocoto」などが限定出店も行う。国内の工芸品やクリエーターアイテムを扱う「ルームス ジーバ」では「ネコマニアshop」として猫をモチーフにした商品を並べる。

 このほか、ルームウエアブランド「リーピー・スリーピー」が猫をモチーフにデザインしたアイマスク、帽子ブランド「カシラ デリカ」が猫の頭をかたどったキャップ、アクセサリーブランド「スタージュエリーガール」が猫の顔をイメージしたフレームの時計、手作りキャンドル「ティムトムキャンドル」が肉球をモチーフにしたキャンドル、ティラミス店「ティラミスヒーロー」が猫のイラストを描いた瓶で販売するティラミスなど、各店でさまざまな猫アイテムを展開する。

 期間中、対象ショップ9店を回って猫のシールを集めるシールラリーも行っており、連日台紙とシールが夕方前には無くなる人気ぶりという。

 営業時間は10時~21時。今月28日まで。

  • はてなブックマークに追加