新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は16人

食べる 学ぶ・知る

原宿に限定「ロボット」カフェ コーヒーのオーダーから提供まで無人対応

バリスタ風の衣装をまとったPepperが出迎える

バリスタ風の衣装をまとったPepperが出迎える

  • 3

  •  

 原宿駅近くの「ネスカフェ原宿」(渋谷区神宮前1)で11月16日、コーヒーマシンとロボットが連携してコーヒーを提供するカフェが期間限定オープンした。

双腕スカラロボット「duAro」がコーヒーカップを移動して提供する

 ネスレ日本(神戸市、以下ネスレ)のコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50『Fifty』」(以下バリスタ50)と、ソフトバンクロボティクス(港区)の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」、川崎重工業(神戸市)製造・販売する双腕スカラロボット「duAro(デュアロ)」が連携し、注文の受け付けからコーヒーの提供まで自動で対応する同カフェ。

[広告]

 ネスレのコーヒーマシンとペッパーを連携し、利用者の好みのコーヒーを入れる「ロボカフェ」など、かねて一緒に取り組みをしているネスレとソフトバンク。今回はそこから発展し、受注からコーヒーの提供までを「無人」で行うことで「未来の接客」を目指し、デュアロとも連携した。

 来店客はフードなど1品以上の注文で、無料で体験できる。まず、客を出迎えたペッパーが、胸部のタッチパネルでコーヒーの種類(エスプレッソやブラックなど3種類)と、コーヒーの濃さと湯の量(各5段階)を受け付ける。その後、デュアロがカップをホルダーからバリスタ50にセットすると、コーヒーの抽出が開始。コーヒーが出来上がると、デュアロが用意している盆にコーヒーを運んで置く。注文から提供までの時間は3分程度。

 それぞれBluetoothで接続しており、利用客がペッパーを操作することでデュアロやバリスタ50に指示が行く仕組み。ペッパーだけでなく、「コーヒーカップをセットしますから見ていてください」、「抽出開始、おいしくなーれ」など、デュアロやバリスタ50も音声を発する仕様にカスタマイズし、「接客」に注力した。コーヒー抽出中の待ち時間には、ペッパーが顔認識技術を利用した「お友達登録」機能で、同意を得た利用客の顔と名前(ニックネーム)、コーヒーの好みを記憶する。

 ソフトバンクロボティクスの事業推進本部事業開発統括部・角田友香部長は「お客さまが触れられるところで、複数のロボが連携することでより広いサービスを提供できるのが面白い」と言い、「(人とロボが)溶け込んだ未来をつくるために不自然を洗い出してギャップを埋める必要があるが、人にもロボとのコミュニケーションの仕方を感じてほしい」と呼び掛ける。

 労働力不足が指摘される中、「代替としてロボットは価値があるが、多くはものづくりの現場で使われている」と話す川崎重工業のロボットビジネスセンター営業企画部・真田知典部長。産業用ロボットとして展開しているデュアロを接客目的で活用するのは、今回が初めてという。「われわれとしては『脱工場』という意味でも新しい試み」と期待を込める。

 営業時間は11時~21時。今月26日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース