暮らす・働く

渋谷区、シダックスと「ソーシャル・アクション・パートナー協定」締結

(左から)長谷部健渋谷区長とシダックス志太勤一社長

(左から)長谷部健渋谷区長とシダックス志太勤一社長

  •  
  •  

 渋谷区とシダックス(渋谷区神南1)は6月10日、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(通称S/SAP、エス・サップ)」を締結した。

 区は昨年4月から、同協定を通じ民間企業などと協働で地域社会の課題解決に取り組んでいる。これまでに、LINEや伊藤園、ボッシュなどの企業8社、青山学院大学と同協定を結んでいる。

[広告]

 学校給食や学童保育、児童館などの施設運営も手掛けているシダックス。2015年4月には「シダックス子育て応援隊 こどもの城倶楽部(くらぶ)」を立ち上げ、ファミリーコンサートや弁当作り、絵本の読み聞かせなど、親子向けの講座・イベントを行っているほか、今年3月からは親子で食事をしながら日本の食文化や生活習慣などを学ぶ「シダックス・アカデミー 渋谷こどもテーブル」を月に1回開いている。

 協定締結後は、「子どもや家庭を取り巻く社会問題の解決に関する支援」のほか、「超高齢社会における健康増進」「災害」「環境保全」など6項目に関する取り組みを行っていく予定。

  • はてなブックマークに追加