渋谷・富ヶ谷に自転車店「ブルーラグ」3店舗目 ビギナー意識した店づくり

入店しやすいようにガラス張りにしたファサード

入店しやすいようにガラス張りにしたファサード

  •  
  •  

 渋谷・富ヶ谷に自転車ショップ「BLUE LUG YOYOGI PARK」(渋谷区富ヶ谷1、TEL 03-6416-8532)がオープンして2カ月がたつ。経営はブルーラグ(幡ヶ谷2)。

あえて店内が一望できる広さを選んだ

 2007年にオープンした幡ヶ谷店(初台から移転)などに続く3店舗目の出店となる同店。店名の「ラグ」はパイプとパイプをつなぐ部品のことで、来店客とスタッフなどさまざまな人などを「つなぐコミュティー場」という思いを込めて命名している。

[広告]

 「ビギナーを大切にしたい」という思いから「入り口になるような店づくり」を目指したという同店。通行人や自転車に乗っている人も多く仕事帰りでも寄れることも考慮して、周辺に自転車店少ない同所へ出店。あえて、幡ヶ谷店の半分ほどになる店舗面積約40坪の空間を選び、ファサードをガラス張りにしたほか、店内全体を見渡せるようにするなど「明るい雰囲気」に仕上げた。店内にはサドルを使った椅子を配置したカウンターや、修理や組み立てを行う作業場も併設している。

 ピスト・マウンテンバイク・街乗り自転車などさまざまな自転車やパーツ、アパレル、バッグなどをそろえる同店。取り扱いブランドは、オリジナルブランド「FAIRWEATHER」のアパレルや自転車の部品、米自転車ブランド「SURLY」、伊自転車ブランド「Cinelli」、サンフランシスコのハンドメードバッグブランド「INSIDE LINE EQUIPMENT」、LAのサイクリングウエアブランド「SWRVE」など。

 オープン以降、近隣のアパレルショップや飲食店で働く人や主婦など幅広い客が来店している。「長年やっているとマニアックになっていってしまう。未来のお客さんを増やすためにも、できるだけかみ砕いて分かりやすく説明するように心掛けて」という松本和也店長。「一から組み立てを考えるのも楽しいし、愛着も湧く。そして完成したら使えるのが魅力。DIYっぽく、アナログなものを組み立てることを楽しんでほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は14時~22時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞