食べる

ログロード代官山にデリ&ベーカリーカフェ「ガーデンハウス クラフツ」

ナチュラルなテイストに仕上げた店内の雰囲気

ナチュラルなテイストに仕上げた店内の雰囲気

  • 0

  •  

 代官山駅近くの商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」(渋谷区代官山町)に6月29日、デリ&ベーカリーカフェ「GARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウス クラフツ)」がオープンした。経営は施設・店舗・ブランドのプロデュースなどを手掛けるシンクグリーンプロデュース(港区)。

パンやスイーツが並ぶショーケース

[広告]

 同施設の基本設計を担当している同社。もともと閑静な住宅街である代官山は、2011年に開業した複合商業施設「代官T-SITE」(猿楽町)開業後は乗降客数が「40%強」(同社社長・関口正人さん)になるなど来街者も増えている。そうした中、「日常の中で少し上質な提案」をする施設として、東急東横線の線路跡地に「ログロード」を計画。全長220メートルにわたる敷地に商業店舗となるコテージ風の低層の建物5棟と散策路を擁している。

 同社がテナントとして出店する同店は、2012年にオープンしたレストラン「GARDEN HOUSE」(鎌倉市)の新スタイルとなる。両店共通の「ローカル&クラフト」をコンセプトに、使う食材のほとんどが国内産で、料理は極力手作りする。店名の「クラフツ」は、「作り手が集まるコミュニティーをつくりたい」という思いを込めた。

 延べ床面積は152.9平方メートル。席数は店内16席、オープンテラス48席、ルーフトップ32席の計96席。コテージ風の外観は他の棟と同じで、店内はナチュラルをコンセプトに木目を多用した空間に仕上げた。

 同店では、テークアウト可能なパンやデリ、サンドイッチ、アメリカンスイーツなどをそろえる。オーガニックの野菜など季節の素材を使ったデリ(1,500円前後)は、ワサビナ・アボカド・浅漬けのサラダなど3~5種類。オーダーサンドイッチは5種類(1,000円~1,800円ほど)用意し、朝にはカンパーニュのクロックムッシュも提供する。

 国内産小麦や店で種から起こす自家製酵母を使うパンは、全粒粉で作るカントリータイプ、クロワッサンなどのペイストリー、バゲットなどのフランスパンの3カテゴリーで15種ほどをラインアップ。スイーツ(600円~900円)は5~10種類ほどを用意し、中に軽井沢のヨーグルトクリーム、キルシュダマンドクリームを詰めて沖縄産スナックパインをのせたタルトなど8月までの夏季限定メニューもそろえる。客単価はランチで1,500円~2,000円を見込む。

 今後は、国内外からゲストシェフやゲストドリンカーを招いた期間限定メニューやワークショップなども予定。店頭のオープンテラスではマーケットなどのイベントを定期的に開催するという。

 同社は当初、米サンフランシスコ発「タルティーン ベーカリー&カフェ(以下タルティーン)」日本1号店を出店し、同じくサンフランシスコ発「ブルーボトルコーヒー」を併設する予定だったが、ブルーボトルがタルティーンを買収したことから、経営・運営権をブルーボトルに譲渡。シンクグリーンプロデュースは同店のコンサルティング業務を手掛ける予定だったが、国内展開の方針を再検討するためブルーボトルとタルティーンは出店を取りやめていた。

 関口さんは「結果として、ガーデンハウスクラフツでもタルティーンのどちらであっても、素材や作り手を伝える場を作る、という軸はブレていない」と話し、「いつ来ても同じものがある店ではないが、手作りの味や季節の変化も楽しんでもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は7時30分~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース