食べる

LD&Kから渋谷発クラフトビール「シブヤビール」 開発に「ビール女子」協力

発売記念パーティーの出演者たち(最前列中央がLD&K大谷秀政社長)

発売記念パーティーの出演者たち(最前列中央がLD&K大谷秀政社長)

  • 0

  •  

 渋谷発クラフトビール「シブヤビールENERGY~MACA~」の提供が4月28日(=しぶやの日)に始まり、提供店舗の一つ「宇田川カフェsuite」(渋谷区宇田川町)で記念パーティーが開かれた。

28日に提供が始まった「シブヤビール」

[広告]

 音楽レーベルや飲食事業などを手掛けるエル・ディ-・アンド・ケイ(渋谷区宇田川町、以下LD&K)の「渋谷を元気にしたい」という思いから誕生した同ビール。その思いに賛同したビール情報サイト「ビール女子」協力の下、昨年9月ごろから開発を進め商品化にこぎ着けた。

 マカ(ペルー産)が入っているのが最大の特徴で、根であるマカの「土臭さ」を和らげるため、グレープフルーツ(フロリダ産)などを掛け合わせた。パッケージは330ミリボトル。ラベルは「Shibuya Beer」の文字は泡をイメージしてデザイン。「ENERGY」の文字に矢が突き刺さっており、その先に「LOVE」の文字でかたどったハートマークを描いている。

 製造を受託するサンクトガーレン(神奈川県厚木市)の岩本伸久社長は「苦みもありつつボディーも強いが、華やかな香りでクラフトビールが初めての方にも親しみやすいのでは」と話す。

 この日は「ビールで渋谷の街は盛り上がるのか?」をテーマにトーク。登壇したシブヤ経済新聞の西樹編集長は「渋谷はご当地ものがありそうでほとんどない街。いろいろな店を横断して渋谷のブランドが付いた商品が増えるのは街としてはウエルカム。話題の源泉になれば」と期待を込めた。ビール女子の瀬尾裕樹子編集長は「ビールこそ最強のメディア。渋谷に集まる皆さんがシブヤビールを通じてつながれば」とも。

 LD&Kディレクターで同ビールプロジェクトリーダーの水野直人さんは「ビールはソーシャルドリンク。ビールで打ち解けることもあると思うので、身体距離を縮めて皆がつながれば渋谷も元気になっていくのでは。発信して渋谷をもっとアピールしていきたい」と意気込む。LD&K大谷秀政社長は「渋谷は渋谷にしかないものを作ってきた街。特殊な街であるためにそれを維持して、渋谷の街を個性で埋めていければ」と話した。

 この日は、渋谷に店舗を構えるレコードショップ関係者や、IT企業関係者、「ガン黒」ギャルのユニット「ブラックダイヤモンド」のメンバーらも応援に駆け付けたほか、宇田川町の「よしもと∞ホール」でも活動するお笑いコンビ・ピスタチオは「ビール」を題材にしたコントで会場を盛り上げた。

 提供する店舗は、宇田川カフェやヤギを飼っていることでも知られる桜丘カフェなどLD&Kが展開する飲食店7店舗ほか。1本890円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース