食べる

原宿に米発「ドックポップコーン」国内1号店-フレーバー9種用意

黄色を基調に仕上げる外観イメージ

黄色を基調に仕上げる外観イメージ

  • 0

  •  

 原宿に5月31日、米デンバー発ポップコーンブランド「Doc Popcorn(ドックポップコーン)」の国内1号店「Doc Popcorn原宿店」(渋谷区神宮前4)がオープンする。経営は飲食店舗の開発・運営などを手掛けるFSプランニング(港区)。

[広告]

 2003年、米コロラド州デンバーで創業した同ブランド。現在、アメリカ国内(85店舗)を中心に、メキシコ2店舗、プエルトリコ1店舗を合わせて88店舗を展開。旗艦店に位置付ける原宿店は、日本国内のみならずアジアでも初の店舗となる。

 場所は東急プラザ表参道原宿の裏手、スムージー専門店「ロベックスジュース」跡。店舗デザインはアメリカの店舗と共通で、ポップコーンにかけて「ポップなデザイン」をコンセプトに、黄色を基調に仕上げる。テークアウト専門で、店内にキッチンを併設することで「出来たて」を提供する。

 ポップコーンはトランス脂肪が含まれないコーンオイルを使い、人工着色料や甘味料を使わないなど「自然派食材」にこだわる。日本で提供するフレーバーは決まっていないが、9種をそろえるという。サイズは紙袋3サイズ、ガロン缶2サイズを用意する。

 オープン初日は「フリーポップコーンデー」として、来店客に1人1個ポップコーン(レギュラーサイズ)を進呈。当日はゲストを招いたオープニングイベントも予定する。

 原宿・表参道エリアは、米シカゴ発「ギャレット ポップコーン」(神宮前1)やシアトル発「ククルザ ポップコーン」(神宮前4、表参道ヒルズ内)など近年ポップコーンショップが続けて出店していることもあり、ポップコーン商戦に注目が集まりそうだ。

 営業時間は10時~21時(初日は12時オープン)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース