天気予報

34

26

みん経トピックス

47都道府県のデザイン展渋谷に観光案内所開設

渋谷にギャルカフェ「テンション」-スタッフは敬語禁止、「ハチ公(わんこ)そば」も

渋谷にギャルカフェ「テンション」-スタッフは敬語禁止、「ハチ公(わんこ)そば」も

スタッフの(左から)かなつんさんとあいたんさん

写真を拡大 地図を拡大

 渋谷・井の頭通り沿いに5月10日、ギャルカフェ「10sion(テンション)」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6416-0419)がオープンする。経営は、ガールズマーケティングやキャンペーン企画・制作などを手掛ける「GALT POP」(同)。

ショットグラスに入れて提供する「ハチ公(わんこ)そば」

 5年ほど前、かねてより手掛けてきた広告の仕事を通じてギャルの文化に魅力を感じたという同社社長の林装太さん。その文化を閉鎖的ではなく「もっと多くの人に知ってもらいたい」と、「渋谷へギャルに会いに行く」をコンセプトに同店立ち上げを決めた。店名は、本来「緊張」という意味を持つが「テンションが上がる」「テンションが高い」などの意味で使われているのが「面白い」ことから命名。コンセプト居酒屋・カフェが増えている同エリアで、あえて「ギャル文化」をテーマにカフェを展開する。

 店舗面積は12.11坪。席数はカウンターとテーブル席で18席を用意。ライトグリーンをコンセプトカラーに、ロゴや店内のクッションなどに同色を取り入れる。男性客も入店しやすいよう「派手すぎない」内装に仕上げた。スタッフは全員ギャルで、10~20代半ばまで「強め」「甘め」などさまざまなタイプが在籍。当初は敬語での接客を指導していたが、普段通りの雰囲気を出せるよう、「敬語禁止」にした。

 メニューもスタッフのギャルたちと開発。ショットグラスに入ったそばを1分間で何杯食べられるかを競う「ハチ公(わんこ)そば」(3,000円)やオムライスに「カラーコンタクトを付けて大きくなった目」をケチャップで描く「デカメライス」、「ガングロイケ麺(焼きそば)」(各1,200円)、注文分の半分がテキーラ、半分が酢の「シブヤンテキーラ」(800円×人数分)、スタッフが作ったカクテルを当てる「利きカクテル」(1,200円)、来店客がヘルメットをかぶり、スタッフが振り下ろすプラスチックの刀を止めることができたらソフトドリンクまたはカクテルが1杯無料になる「真剣★白刃取り」(1,500円)など、ユニークなメニューをそろえた。

 ギャルに憧れる世代に向け、スタッフのギャルが化粧を施すアイメーク体験サービス(付けまつ毛付き3,500円、つけまつ毛とカラーコンタクト付き5,500円)も用意する。

 「ギャル(女性)に優しい店を目指す」という同店。チャージ料は男性が1時間1,000円で女性は無料。女性には毎回ドリンク2杯まで半額になるメンバーズカード(無料)を用意するのに対し、男性には100時間チャージ料が無料になる「V.I.P.カード」(10万円)を用意。客単価は、男性=3,000円、女性=1,500円を見込む。

 「20代のギャルがパソコンを触ったことがないなど、一般的な仕事に必要なスキルを身につけていない子もいることを知った」という林さん。就職や将来に向け「ギャルたちがそのままのスタイルで社会進出を果たすための支援をしたい」と考え、店ではゲストを招いたセミナーや商品・サービスなどの企画、アプリ開発などに関する講習会も開き、「仕事のできるギャル」の育成も図る。同店スタッフのほか、メンバーズカード会員が受講できる。

 「飲食店としてだけでなく、ギャルたちと触れ合え、仲良くなれる店にしていきたい。ギャル文化をたくさんの方に見ていただくとともに情報を発信していけたら」と意欲を見せる。今後、多店舗展開も視野に入れる。

 営業時間は12時~24時。オープン記念で10日~13日、先着10人にメーク体験を無料で行う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

渋谷駅街区開発計画-230メートル高層ビル着工 写真は1/250スケールの模型のハチ公広場付近
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング