フォトフラッシュ

大石泰夫国学院大学文学部教授

  •  
  •  

新元号「令和」の文字の引用元となった「万葉集」巻五が現在、国学院大学博物館(渋谷区東4、TEL 03-5466-0359)で開催中の企画展「和歌万華鏡-万葉集から折口信夫まで-」会場に展示されている。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞