フォトフラッシュ

第1クオーター最後に3ポイントシュートを決めたベンドラメ礼生選手(サンロッカーズ渋谷)=バスケットボール男子日本代表vsベルギー代表

ベンドラメ選手は第1クオーター(Q)後半に途中出場すると、ボールを奪うプレーから速攻を仕掛けファウルを誘発。残り約10秒にはディフェンスでベルギー得点を抑え、日本の速攻につなげると自らの3ポイントシュートで第1Qを締めた。その流れのまま第2Qはスタートで出場すると序盤にはディフェンスリバウンドに飛び込み得点を狙い、中盤には速攻で渡邊雄太選手をアシストした。プレー以外では、倒れた仲間にいち早く駆け寄り手を差し伸べたり、ベンチではチームメートの得点を立ち上がって喜んだりする姿も見せた。日本代表は87-59で勝利した。©JBA

  • 0

  •  

東京オリンピック(五輪)男子バスケットボール日本代表に内定したサンロッカーズ渋谷のベンドラメ礼生選手が7月6日、オンライン取材に応じ「素直にうれしい」と喜びを語った。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース