買う

ファッションブランド「ベイプ」、原宿アトリエを一般公開-20周年で

アーカイブアイテムが並ぶ場内

アーカイブアイテムが並ぶ場内

  • 0

  •  

 ファッションブランド「A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)」を展開するノーウェア(渋谷区千駄ヶ谷4)は11月9日、デザインスタジオとして使っていたアトリエ(神宮前2)を「BAPELAND」(TEL 03-3408-4877)として一般公開を始めた。

場内にはカモ柄の車なども並ぶ

 同ブランド20周年を記念したもの。場内には、同ブランドのアーカイブアイテムをはじめ、アンティーク、デザイン家具、カモフラージュ柄の車などを展示。同時に、フィギュア・メーカー「ホットトイズ」によるトイエキシビションも開いている。

[広告]

 会場限定商品として、「APE HEAD」と呼ぶ猿の顔をあしらったTシャツ、キャップ、ステッカーのセット(1万5,750円)などを販売する。

 公開時間は11時30分~19時30分。入場料は1,000円。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞