見る・遊ぶ

ヒカリエで動物写真家・岩合光昭さんの「ねこ」展-240点一堂に

会場では岩合さんが40年以上かけて撮影してきた猫の写真約240枚を展示する©MITSUAKI IWAGO

会場では岩合さんが40年以上かけて撮影してきた猫の写真約240枚を展示する©MITSUAKI IWAGO

  •  
  •  

 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)9階のヒカリエホールAで8月1日から、「岩合光昭写真展~ねこ~」が開催される。

 岩合さんは1950(昭和25)年東京生まれの動物写真家。19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の「自然の驚異に圧倒された」ことから、動物写真家としての活動を始めた。あらゆる地域をフィールドに自然と野生動物の撮影とともに、身近な犬や猫を撮り続けている。

[広告]

 会場では、かつて岩合さんと一緒に暮らした猫「海(かい)ちゃん」の写真や、「猫の島」として知られる田代島を撮影した「ハートのしっぽ」のシリーズから合わせて240点ほどを展示する。

 同8日(18時~)と18日(11時~と15時~)には、岩合さんによるギャラリートークとサイン会を開く。サイン会は、イベント当日に会場で写真集を購入した人各回先着100人が対象。

 開催時間は10時~20時(入場は19時30分まで)。入場料は、一般=800円、学生=700円、中高生・65歳以上=600円ほか。同25日まで。

  • はてなブックマークに追加