3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

渋谷駅前大型ビジョンで「デジタル花火大会」-スマホと連動

参加者がスマートフォンを使いビジョンにデジタル花火を打ち上げることができる

参加者がスマートフォンを使いビジョンにデジタル花火を打ち上げることができる

  •  
  •  

 渋谷駅前スクランブル交差点の商業ビル「QFRONT」(渋谷区宇田川町)壁面を使った大型ビジョン「Q’S EYE(キューズアイ)」を中心に7月25日、「Q’S EYE渋谷夏祭り」が始まった。主催は東急電鉄と渋谷道玄坂商店街振興組合。

ミクシィ・ミクシィマーケティングによる双方向型デジタルアクション

 同ビジョンのリニューアル記念として開催する同イベント。連日18時30分~22時15分には、参加者がスマートフォンを使いビジョンにデジタル花火を打ち上げる「渋谷デジタル花火大会」を開催。参加は事前申込制で、同祭公式ホームページで応募を受け付けている。応募資格はスマートフォン(以下スマホ)保有者(iOS5.0以降、Android2.3以降を推奨)。イベントの様子は同祭公式ホームページでも生中継する。

[広告]

 連日11時~13時、14時~18時には渋谷に本社を構える企業協力の下、双方向型デジタルアクションも展開。NHKエンタープライズ・NHKプロモーション(神山町)=ビジョンに映し出される「深海」の文字をスマホのカメラアプリ「深海カメラ」で読み込むとアプリ画面に深海生物が出現。仮想的に深海生物と写真を撮ることができる。サイバーエージェント(道玄坂1)=スマホ特設サイトにアクセスすると、「アメーバピグ」のアバター「ピグ」をビジョンで開く盆踊りに登場させることができる。ミクシィ・ミクシィマーケティング(東1)=特設サイトにアクセスし「東京・渋谷へ一言!」などのお題や質問に「mixiボイス」で応えると、その言葉がビジョンに表示される。

 東急百貨店東横店西館(渋谷2)2階連絡通路にはデジタルサイネージを設置。赤外センサーで体の動作を読み取り、バーチャル花火を同所のサイネージ上に打ち上げることができる。

 今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞