食べる 暮らす・働く

オリジナルクラフトビール「笹塚ビール」、13店舗で提供開始へ

笹塚の街を想起させるラベルの「笹塚ビール」

笹塚の街を想起させるラベルの「笹塚ビール」

  •  

 渋谷・笹塚の飲食店で7月7日、オリジナルビール「笹塚ビール」の提供が始まる。

 笹塚周辺地区で、商店街や業種の垣根を越え「笹塚の未来を盛り上げていく企画」を発案・実行する団体「ササヅカ・ミライ・プロジェクト」が中心となって企画・開発した。同団体メンバーは、ボウリング場「笹塚ボウル」(渋谷区笹塚1)3代目の財津宜人さんや酒販店「東京 世田谷 升本屋」(世田谷区、以下升本屋)3代目の梅田知行さんら同地区に店舗や事務所を構える人たちで、街コン「ササヅコン」などのイベントを開催している。

[広告]

 イベント以外に「アイコン的なプロダクトを作れたら」という思いから、どんな業種でも「取り扱いやすい」商品としてビールに注目した。「笹塚の乾杯は笹塚ビールで!」を合言葉に、人のつながりや過ごす時間を演出し街を盛り上げていくことを目的とする。今年2月に企画が立ち上がり、笹塚の笹にかけ、七夕である同日を提供開始日に決めた。

 醸造は升本屋と取引がある新潟麦酒(新潟市)に依頼。醸造所から取り寄せたサンプルからベースを選んだ後、工場にも足を運び、テイスティングをしながらイメージを伝え作り上げた。サンプルを試飲した際に「思っていた以上にバランスの良い仕上がりで皆で興奮したのが印象に残っている」と振り返る梅田さん。

 ビールは、「華やかな香り、フルーティーな口当たりの後にホップの苦み」が特徴で、さまざまな料理に合わせやすいように仕上げたという。ラベルは笹塚の街を想起させるデザインで、笹塚駅近くに事務所を構える建築家・デザイナーの岡田雅人さんが担当した。

 当初は飲食店13店舗で取り扱う。居酒屋「兎屋」「ばんやしおさい」、「笹塚ボウル」(以上、笹塚1)、バー「uni-BAR」、ガレット専門店「メゾン ブルトンヌ ガレット屋」、スポーツバー「11(ONZE)」(以上、笹塚3)など。今後取扱店舗を増やしていく予定。

 「『笹塚の街を盛り上げていきたい』という思いがビールという形になった。これからもブラッシュアップしていきたいが、ますは素直に完成を喜び、たくさんの方と乾杯したい」と梅田さん。「笹塚にはさまざまな飲食店がそろっている。各店の料理とのマッチングを楽しんでいただければ。それが笹塚ビールの願いであり役目」とも。

 提供価格は770円(8月以降は店舗により設定)。