見る・遊ぶ 買う

代官山で「ベイプ」20周年記念展-20人が手掛けたアートワーク

NIGOさんはじめ20人が手掛けたアートワークを展示する場内

NIGOさんはじめ20人が手掛けたアートワークを展示する場内

  • 0

  •  

 複合商業施設「代官山T-SITE」(渋谷区猿楽町)内多目的スペース「GARDEN GALLERY」で4月27日~29日、ショップ「NOWHERE(ノーウェア)」と「A BATHING APE(以下ベイプ)」の20周年を記念した展覧会が開催される。

NIGOさんとキャンバス作品

[広告]

 NIGOさんは1993年4月1日、ファッションデザイナーの高橋盾(じゅん)さんと共に、原宿の裏通りに同ショップをオープン。同年、ブランド「A BATHING APE」を立ち上げた。20年を迎えた今年、アニバーサリー企画第1弾としてNIGOさんプロデュースの下、同展を開く。

 参加するのはNIGOさんをはじめ、高橋さん、NIGOさんと共に同ブランドを立ち上げたグラフィックデザイナーでDJのSK8IGHTTINGさん、デザイングループgroovisionsの伊藤弘さん、ヒップホップMCカニエ・ウェストさん、インテリアデザイナー・片山正通さん(ワンダーウォール)、ユナイテッドアローズのバイヤーなどを務める小木“Poggy”基史さん、NIGOさんと共にTERIYAKI BOYZのメンバーとして活動するVERBALさんなど20人。「APE HEAD」と呼ぶ猿の顔をモチーフにした作品を手掛けた。

 会場には、それぞれのアートワークを基にしたキャンバスとTシャツのほか、NIGOさんがセレクトしたブランドのアーカイブアイテムを展示。キャンバス(S=1万3,650円、M=2万1,000円、L= 6万3,000円)とTシャツ(7,350円)は販売も行う。

 NIGOさんは「友達と支え合ってやってきた20年。外すことのできないコラボ」とし、「久しぶりに頼んでやってもらったので、嫌われていなくて良かった」と笑顔で話す。

 開催時間は11時~19時。入場無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース