新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は10人

買う

原宿に「ロリータ変身」サロン-衣装・ヘアメークから撮影まで

ロリータファッションに身を包み写真撮影をすることができる(写真はイメージ)

ロリータファッションに身を包み写真撮影をすることができる(写真はイメージ)

  • 0

  •  

 原宿の美容室「dea」(渋谷区神宮前6)で3月16日から、ロリータに変身できる期間限定サロン企画「Maison de Julietta(メゾン デ ジュリエッタ)」が展開される。

 繊維のOEMや商品流通、イベントプロデュースを手掛けるファイブアイ(港区)が主催。同社社長の山田啓太さんが前職のレコード会社でビジュアル系のマネジメントを行っていたことから、ロリータカルチャーに関係する知人が多く、新規事業としてプロデュース。

[広告]

 原宿を中心に日本独特の文化として海外からも注目を集めるロリータファション。しかし、一時期に比べ、ロリータファションで竹下通りを歩く人たちの姿は減っているという。同社がロリータファンに聞き込みを行ったところ、「着て行くところがない」「機会がない」などの声があったことなどから、「手軽にロリータファッションを楽しめる」サロンとして企画した。

 着替えやヘアカット・セット、写真撮影を行うほか、美容室の個室スペースを活用し、ヘアメーク中にアイシングクッキーや紅茶を提供。友人同士(2~4人予定)の利用も可能。価格は全て含め7,980円。時間は40分~1時間ほどを予定。写真撮影は店舗内や周辺の屋外で行い、撮影したデータは持ち帰ることができる。撮影用に椅子などの小物、ウサギのぬいぐるみや日傘などのアクセサリーも用意する。

 衣装はロリータ服ブランド「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT(ベイビー・ザ・スターズ・シャイン・ブライト)」が協力。クマの柄が入った「フリフリ」のピンクのワンピース(通常販売価格4万4,000円)やシックなグリーンにバラ柄の入ったワンピース(同3万2,500円)、ブラウス、靴下などをそろえるほか、茶色のロングウエーブや金髪のツインテールなどのウイッグ(別途1,050円)も用意。一部の洋服は、着用して外出(3時間3,150円)することもできる。

 山田さんは「女の子に生まれたのなら一度は体験してみたいお姫さまファッション。そんなロリータ体験を、普段のスタイルに関係なく、全ての女性に体験していただきたい。恥ずかしさもあるかもしれないが、ご友人と来店いただければ結構盛り上がると思う(笑)」と来店を呼び掛ける。

 スタート時は完全予約制。電話で受け付ける。営業時間は11時~21時(木曜は19時まで、土曜は10時~19時、日曜・祝日は10時~18時、受け付けは1時間半前まで)。月曜定休。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞