「タワーレコード渋谷店」改装オープンへ-在庫80万枚、ライブ感強化

全面改装した「タワーレコード渋谷店」のファサード

全面改装した「タワーレコード渋谷店」のファサード

  •  
  •  

 翌日にリニューアルオープンを控えた「タワーレコード渋谷店」(渋谷区神南1)の内部が11月22日、報道陣らに公開された。

祝いに駆け付けた「2PM」のメンバーたち

 1995年6月に宇田川町より移転オープンして以来初となる同店の全面改装。コンセプトは「360°エンターテインメント・ストア」。各フロアで行うライブやインターネットでの情報発信、催事企画など、さまざまなチャンネルやフォーマットで、その時々の「旬なエンターテインメントとじかに(=ライブで)出合える場」を提供する。

[広告]

 リニューアル後の売り場面積は約50坪増床し1550坪に。在庫枚数は10万枚増強し80万枚にする。全CD販売フロアで同社オリジナルのタブレット端末によるデジタル試聴機約70台を導入。オープン時には、国内版として発売されている楽曲(一部を除く)、邦楽、洋楽合わせ約65万曲をフルバージョンで視聴できるようになる。

 フロア構成は、地下1階=ライブストリーミングスペース、1階=新譜・レコメンド、チケットぴあカウンター、2階=書店・カフェ、3階=J-POP・J-INDIES・アニメ、4階=R&B・HIP-HOP・CLUB MUSIC・レゲエ・K-POPほか、5階=ロック・パンク・オールディーズほか、6階=ジャズ・サウンドトラック・映画・落語・お笑い・キッズなど映像作品ほか、7階=クラシカル・ニューエイジ・エレクトロニカほか、8階=催事スペース。3階・4階・7階には小規模のイベントスペースを新設した。

 地下1階イベントスペース「STAGE ONE」は、ライブストリーミングスペース「CUTUP STUTUDIO」に変更。内装も一新しバーカウンターではアルコールの提供も開始。引き続きインストアイベントを実施するほか、ライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」とのコラボ番組の配信、有料イベントも行えるようにする。同店の「顔」となる1階のエントランス両サイドには180インチ相当のマルチモニターを設置するなどで「ライブ感」を演出。内装はコーポレートカラーの赤と黄色を基調に仕上げるほか、レジを7台に増やす。

 2階の書店「TOWER BOOKS」では音楽や映画関連の書籍や輸入雑誌、ポップカルチャー、ペーパーバックなどを扱い、渋谷エリアを意識した品ぞろえに。同フロアにはカフェ「TOWER RECORDS CAFE」を併設。インストアイベントやDJイベントも行うほか、書店の書籍・雑誌を持ち込めるようにする。8階には、これまでオフィスとして使っていた一部を改装した約50坪の催事スペース「SpeceHACHIKAI」が登場。オープン時はロックバンドTHE YELLOW MONKEYとコラボした「タワモン」を展開。衣装や楽器、ポスター、小物などを展示するほか、12月発売のDVDを上映。コラボグッズも販売する。入場料は500円。12月12日まで。

 同日、韓流アイドルグループ「2PM」が祝いに駆け付けた。2PMは、今年6月に発売したシングル「Beautiful」が同店のシングルCD売り上げ枚数歴代1位であることから、同様の肩書が記された名刺が手渡されたほか、認定証が贈られた。

 栢森(かやもり)信友店長は「新しく生まれ変わり、CDショップはこうあるべきというものを体現できていると思う」とし、「在庫数には満足していただけると思うので、来店いただければ何かしらトピックスがあると期待してほしい」と来店を呼び掛ける。2010年のHMV渋谷の閉店などを例に挙げ、「渋谷は音楽の街と言われていたが、今は元気がない。もう一度活気を取り戻したい」とも。

 営業時間は10時~23時(2階のカフェは23時30分まで)。オープン初日から12月初旬まで連日、オープン記念のインストアイベントを館内各フロアで繰り広げる。リニューアルにより、売り上げ・来店客数ともに前年比20%増を目指す。

  • はてなブックマークに追加