食べる

渋谷駅新南口の新商業ビル「ジェムズ」開業迫る-飲食店9店、限定メニューも

ワインボトルをモチーフにしたペイントをアクセントにした8階「~鍋選人×ビストロガーデン~渋3」店内

ワインボトルをモチーフにしたペイントをアクセントにした8階「~鍋選人×ビストロガーデン~渋3」店内

  •  
  •  

 渋谷駅新南口に10月23日、都市型商業ビル「GEMS(ジェムズ)渋谷」(渋谷区渋谷3)がオープンする。それに先駆け同18日、関係者向けに内覧会が行われた。

古民家調のコテージをイメージした5階「PIZZA & ROTISSERIE LA COCORICO」

 野村不動産(新宿区)が新ブランドとして立ち上げた同所。飲食店が少ない同エリアで、近隣企業で働くビジネスマンや地域住民をターゲットに、「大人たちが気軽に普段使いでき、かつ上質な『食』『時間』『空間』をゆっくりと楽しめる施設」をコンセプトに据え展開。

[広告]

 延べ床面積は約2023平方メートル。鉄骨造地下1階・地上9階。エントランス前にはデジタルサイネージを組み込んだ高さ約8メートルのサインボードを設置。2階~4階のファサードにはカーテンウォール仕上げを施すほか、5階以上にはテラス席を用意する。1フロア1店舗構成で、飲食店9店(地下1階、2階~9階)と「ナチュラルローソン」(1階)の10テナントが出店。

 創作居酒屋「でんず食堂」(4階、TEL 03-6434-1067)はオープンキッチンの開放的な店内で、席数は90席。野呂養鶏場(三重県伊勢市)の「美食卵」を使い、蜂蜜漬けの南高梅を添える「だしまき玉子」(800円)などのほか、同店限定メニューとして、釜揚げシラスを好きなだけ盛ることができる「山盛りしらすピザ」(1,500円、11月30日までは800円)を用意。想定客単価は、ランチ=約900円、ディナー=約3,200円。営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~24時。

 8階には、小鍋しゃぶしゃぶダイニング「鍋選人」などを展開するタイムゾーンマネージメント(神山町)の新業態となる鍋ダイニング「~鍋選人×ビストロガーデン~渋3」(TEL 03-6427-1656)。木材を多用し、ワインボトルをモチーフにしたペイントをアクセントにした空間で、92席を用意。「ブイヤベース」をモチーフにした「海鮮トマトスープ鍋」や「ムール貝の白ワイン蒸し鍋」(680円)などの鍋やビストロ料理を用意する。想定客単価は、ランチ=880円ほど、ディナー=4,000円弱。営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時~24時。

 そのほか、黒豚や桜島鶏を使ったメニューなどをそろえる九州郷土料理居酒屋「芋蔵」(地下1階)、神南やキャットストリート沿いにも店舗を構えるカフェダイニング「SUZU CAFE」(3階)、18センチのピザ(609円~)や、「国内初」の専用サーバーで提供する、フルーツを漬け込んだ自家製ブランデーをトニックウオーターで割った「ブランデースプリッツァー」(504円~)などを提供するイタリアン「PIZZA & ROTISSERIE LA COCORICO」(5階)、毎朝仕入れる肉を使う「炭火焼ホルモン ぐぅ」(9階)などが名を連ねる。各店で同所限定メニューを用意するほか、オープン記念の割引サービスも行う。

 野村不動産は新たな都市型商業施設として「ジェムズ」のシリーズ化を図る。今後は、JR山手線エリアや首都圏の主要駅の徒歩5分圏内の立地を中心に展開していく予定。すでに2カ所目の土地取得へ動いており、年に2棟、「早い段階」で年に4棟開業していく計画。用地取得から開発、リーシング、運営までをグループ企業で行う。

 1階のナチュラルロ-ソンを除き、年間想定来客数は35万人前後、売り上げ目標は15億円。

  • はてなブックマークに追加