3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

デジハリ渋谷校、リニューアル-パーソナルプログラム軸にカフェ風空間に

校内は間接照明を取り付けるほかハイチェアやソファ席などを用意。写真はトレーニングルーム

校内は間接照明を取り付けるほかハイチェアやソファ席などを用意。写真はトレーニングルーム

  • 0

  •  

 IT関連・デジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド渋谷校」(渋谷区道玄坂2、TEL 0120-328-810)が1月10日、リニューアルオープンした。

エントランスホールのスクリーンにはタイムラインを投影する

 1999年12月に「bitvalley shibuya デジハリ(現渋谷校)」オープンし、「文化創造型スクール」をコンセプトにコースを展開。同校では、週末・平日夜間に通学できる短期コース(1カ月~6カ月)を設置するほか、産学共同でのスカラシップ制度付きの講座、卒業生コミュニティー「アサカツヨルカツ」運営などの取り組みを行っている。

[広告]

 今回、ビデオ授業と個別トレーニングを組み合わせた独自の「パーソナルプログラム」を中心とした教育手法を全国展開していくにあたり、学習環境の構築を目的に渋谷校をモデルケースとしてリニューアル。「『マイスペース』でありながら、『ツナガル』空間で自分らしく学べる」をコンセプトにした。

 「カフェのような、居心地のいい空間で学ぶ」をテーマに内装を設計。壁一面には間接照明を取り付けたほか、各席にシャンデリアを設置。木のハイカウンターに紫のハイチェア、緑と白の椅子を用意するソファ席など、さまざまなタイプの席を用意。「お気に入りの空間」を見つけられるようにしながらも、対面での視線が気にならないように機材や家具を配置することで「周りに人がいても気にならないレイアウト」に配慮し「マイスペース」を実現した。

 校内は、常設する大型スクリーンにタイムラインを投影し、講師らとソーシャルで「つながることができるように」するほか、「クリエーティブな」映像や書籍を置くエントランスホール、「最新の」スキルやデザインを学ぶライブ授業をはじめ、企業からの課題に対してウェブやアプリ制作を行うワークショップ型プログラムを行う「デザインルーム」(PC20台)、パーソナルプログラムを中心に、個別トレーニングを学ぶ「トレーニングルーム」(PC15台)などで構成。校内にはウェブデザイナー米倉明男さん、飛澤麻喜さん、中嶋拓也さんなど10人の専任講師・トレーナーのうち2~3人が常住し、質問などに応える。

 コースは、開講以来3DCG分野、デザイン分野の授業も展開していたが、今回パーソナルプログラムを中心にしたため、ウェブ・アプリ分野のみに変更。東京本校は今まで通り全分野のコースを開講している。

 同校マネジャー原田紀子さんは「『ツナガル(いつでも情報や仲間とつながる刺激的な空間)』では、受講生や講師がソーシャルメディアやリアルでつながることができるよう、トレーナーのホスピタリティにも配慮していく」と話す。「パーソナルプログラムで、自分のペースで学びながら、人とつながって学び合えることもできる。まさに今の時代に必要な学習環境」とも。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞