食べる

渋谷に漫画「華麗なる食卓」の公式カレー店、一押しは「ネギ・梅カレーW盛り」

一押しの「ネギ・梅カレーW盛り」と高円寺マキト・曽根崎結維 ©ふなつ一輝/集英社

一押しの「ネギ・梅カレーW盛り」と高円寺マキト・曽根崎結維 ©ふなつ一輝/集英社

  •  
  •  

 渋谷・円山町のインドアゴルフ練習場「HORIPURO G☆SQUARE(ホリプロ・ジー・スクエア)」(渋谷区円山町、TEL 03-3462-0562)2階のカフェに1月19日、漫画「華麗なる食卓」のオフィシャルカレーショップがオープンする。

一押しの「ネギ・梅カレーW盛り」

 同作品は、2001年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載されている、カレーやカレーに関する料理を題材とした料理・グルメ漫画。主人公の料理人・高円寺マキトが「立ちはだかる難問」をカレーライスで解決していく様子を描いている。作中に登場した料理のレシピはコミックスに掲載するほか、作者・ふなつ一輝さんのオフィシャルサイトでも公開している。

[広告]

 席数は40席。同作のオフィシャルカレーショップとして、店内は漫画の複製原画10点、描き下ろし特大ポスターを展示。同店では描き下ろしキャラが紹介するメニューブックを置く。

 提供するカレーは10種で、全メニューをふなつさんがプロデュースした。「一押し」メニューは、ネギカレーと梅カレーを半分ずつ盛った「ネギ・梅カレーW盛り」(850円)で、ココナツミルクを「隠し味」に加え南インドテイストに仕上げる「チキンカレー」、チーズで「青臭さを緩和」するほうれん草ペーストをベースにした「サグ(ほうれん草)カレー」(各750円)など、漫画内に幾度となく登場しているカレーをそろえる。月替わりメニュー第1弾は「ライオンくんオムカレー」(850円)。漫画内で琉球料理人・ヘキルが主人公を元気づけようと、オムライスの周りにカレーを盛ることでライオンに見立て、ケチャップで顔を描いたカレーだ。

 オープン初日の19日(18時~19時30分)には、ふなつさんのサイン会を開く。当日、同店で「ネギ・梅カレーW盛り」の注文客先着100人に整理券を配布。サイン会には、当日発売のコミックス43巻とカレーショップのレシートの提示が必要となる。

 営業時間は10時~20時(土曜は19時30分まで、カレーの提供は11時から)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加